スポンサーリンク

桜の花びらの折り紙。簡単に一枚で平面のかわいい桜の木の折り方。幼稚園や保育園の3月4月の春の季節の手作り製作にも最適です♪

折り紙 花
スポンサーリンク

こんにちは。まろんママです^^

桜の季節になると、キレイな満開の桜を眺めながら、ゆっくりお花見をしたいものですね。

しかし、良い場所を取るには、早く出て場所取りとかが必要になってくるのが難点★

っということで、家の中でいつでも桜が見られると素敵だな~っと思い、折り紙で桜を折ってみました♪

なので今回は、簡単に折れる平面の桜の折り方をご紹介します。

平面なので、卒園式、入園式、お別れの時等のメッセージカードにペタっと貼るのにもオススメです。

是非、チャレンジしてみて下さいね^^

【折り紙で桜を折った完成写真】

それではまず最初に、今回ご紹介する平面の桜の完成写真をご覧下さい。

桜の花びらの特徴は、花びらの先がギザギザになっている事です。

途中までは桃の花の折り方と同じです。

最後に桃の花びらのとがっている部分を切ると、桜の花が完成します♪

真ん中に、黄色い折り紙やシール、スパンコール等をくっつけると、より一層桜の花らしくなり、華やかになるのでオススメです。

是非、お好みで色々とアレンジしてみて下さいね^^

スポンサーリンク

折り紙で桜を折るのに必要な物

それでは次に、折り紙で桜を折るのに必要な物を準備していきましょう。

【必要な物】

折り紙 1枚

ハサミ

準備するものは折り紙とハサミなので、すぐに準備できますね♪

桜の花なので、ピンクや薄いピンク、白などがオススメですが、お好みの色を選んで下さい。

桜の花びらの折り紙。簡単に子供でも一枚で平面のかわいい桜の折り方。

それでは準備が整ったところで、折り紙で桜の花を折っていきましょう。

1、色の付いている面を上にして、ひし形に置き、半分に三角に折ります。

2、更に半分に折ります。

3、袋になっている方を下にして、写真のように開いてつぶします。

4、裏側も同じようにして潰します。

5、点線で一枚上に折ります。

6、写真のように開いて潰していきます。

このとき、潰した部分の角と角が少しずれるように潰すのがポイントです!

この、少しずらして折る事で、梅の花の花びらがキレイにしあがります♪

7、反対側も同じようにして、少しずらしてから潰します。

8、黒丸の部分を、写真のように上の三角の下に入れていきます。

このとき、グシャっとならないように、そ~っと丁寧に入れていって下さいね。

9、上の角を点線で後ろに折ります。

このとき、折り紙が分厚くなっているので、指先に力を込めてしっかりと折って下さいね。

10、左右の横を点線で後ろに折ります。

11、上下を逆にして、赤線で切ります。

ハサミを使っての細かい作業になるので、幼稚園や保育園の子どもさんが切る場合は、ママが近くで見守ってあげて下さいね。

12、ここまで桃の花と同じ折り方です。

13、花びらの先の黒線部分を、ハサミで切ります。

この作業も細かい作業になるので、子供さんが上手く切れない場合は、ママが手伝ってあげて下さいね^^

14、花びらが切れたら、桜の花の完成です♪

桜の花一つだけだと、ちょっと・・・いや、とっても寂しいので、沢山作ってみました。

このとき、枝(桜の木)も折り紙で作り、画用紙に貼ってみました。

最後に花びらを切って出た切りカスも一緒にくっつけると、桜吹雪のようになって、一層華やかになります♪

この切りカスをくっつける場合は、予めのりを画用紙にくっつけて、その上から切りカスをくっつける事をオススメします。

そして、のりが乾くまで一切触らないことが重要です。

この作業なら、折り紙がまだ折る事の出来ない幼児さんでも、楽しめそうですね♪

折り紙で3月4月のさくらの花びらの折り方。幼児の春の保育の製作にも最適ですのまとめ

折り紙で平面の桜が簡単に折れましたね。

注意点は、作業6の角と角を少しずらしてから潰すところです。

沢山作る場合は、通常の折り紙15㎝×15㎝を四等分して作る事をオススメします。

折り紙1枚で4つの桜の花が完成するので経済的ですよ♪

また、途中までは、桃の花や梅の花と同じ折り方です。

桃、梅、桜の花は似ていますが、良く見ると違いに気づくと思います。

桃の花は、花びらの先がとがってる。

梅の花:花びらの先が丸まってる。

桜の花:花びらの先がギザギザ。

是非、この違いも楽しみながら、桃、梅の花も作ってみて下さいね^^

★その他桜の折り方はこちら★

折り紙で花。簡単に一枚で平面の桜の折り方。かわいいメッセージカードの作り方。幼稚園や保育園の子供の2月3月の季節の手作り製作にも!
折り紙一枚で簡単にできる平面の桜の折り方を写真を沢山添えてわかりやすくご紹介します。幼稚園や保育園の幼児さんでも作れるので、是非参考にしてくださいね♪

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました