折り紙 ひな祭り

お雛様 とお内裏様の折り紙。簡単に雛人形(ひな人形)を子どもでも作れる作り方♪保育にもおすすめ!


こんにちは。まろんママです^^

もう少しでひな祭りですね。

女の子のいる家庭では、そろそろひな人形を飾ろうかな・・・っと考えていると思います。

そこで、今回は折り紙で簡単に折る事の出来る、お内裏様とお雛様の折り方2種類をご紹介します。

【完成写真はこちら】

平面で、少し厚みのあるしっかりとしたひな人形が完成します。

お内裏様とお雛様で少し折り方が変わってきますが、途中までは一緒なので、簡単に2種類のひな人形を折る事ができます。

ハサミを使わないので、幼稚園や保育園の幼児さんでも安心して折る事ができますよ^^

★もっと簡単な3歳児さんにもオススメのお雛様とお内裏様はこちら★

お雛様の折り紙。簡単に子どもでもひな祭りの製作が手作り出来ます♪体と顔、一枚で全身完成。幼稚園や保育園の幼児の3月製作にも!

せっかく折るなら高級な折り紙で折りたい!っという方は、こちらも参考にしてみて下さいね↓

100均の折り紙とはちょっと違う!通販できるかわいい&オシャレな折り紙10選

 

折り紙でお雛様を折るのに必要な物

それでは次に、おりがみでお雛様を折るのに必要な物を準備していきましょう。

 

【必要な物】

折り紙 2枚

マジックまたはペン等描くもの

 

お雛様とお内裏様を作るので、折り紙は2枚必要です。

単色の折り紙は勿論、柄付きの折り紙で折ると一層華やかになるのでオススメです♪

柄付きの折り紙も100均で購入することができます。

もし、近くに折り紙を買えるところがなかったり、買いに行くのが面倒だなっという人は、ネットでも購入できます。

また、マジックやペンは髪の毛や顔を描くときに必要なので、あらかじめ用意しておいて下さいね^^
せっかく折るなら高級な折り紙で折りたい!っという方は、こちらも参考にしてみて下さいね↓

100均の折り紙とはちょっと違う!通販できるかわいい&オシャレな折り紙10選

折り紙でお雛様の折り方。簡単に2種類折ってみよう!

それでは準備が整ったところで、まず最初に、お内裏様の折り方からご紹介します。

お内裏様の折り方

1、白い面を上にして半分に折り、折り目を付けます。

 

2、真ん中の折り目に向けて、左右の角を折ります。

 

3、裏返して、左右の角が真ん中の折り目に合うように折ります。

 

 

4、真ん中の点線で下に折ります。

 

5、点線で上に折ります。

 

6、表に返して、点線で上に折ります。

この時、下の部分の白色が、少し見えるように折って下さいね。

 

7、上の角を、点線で下に折ります。

 

8、今度は下の角を、点線で上に折ります。

この時、上にちょこんとある白い部分が顔になるので、顔が全部隠れないようにバランスを考えて折って下さいね。

 

9、左右の角を、点線で内側に折ります。

この折った部分が腕の部分になります。

折り紙が分厚くて、しわになりやすいので、しわにならないように気を付けて折って下さい。

 

10、お内裏様の完成です♪

 

最後に、腕の部分等、浮いている場所があって気になる場合は、のりやテープでしっかりとくっつけて下さい♪

 

それでは次に、お雛様を折っていきましょう。

 

★その他ひな祭りの折り方はこちら★

お雛様の折り紙。簡単に子どもでも可愛い3月のひな祭りの五段飾りを作れます♪幼稚園や保育園の手作り保育にもオススメ!

お雛様の折り方

お雛様も途中まではお内裏様と同じ折り方です。

1、白い面を上にして、点線で半分に折り、折り目を付けたら開きます。

 

2、左右の角を、真ん中の折り目に向けて折ります。

 

3、裏に返して、左右の角を写真のように、真ん中の折り目に合うように折ります。

 

4、上の角と下の角が合うように折ります。

 

 

5、下の角を、点線で上に折ります。

 

6、表に返して、下の角を点線で上に折ります。

この上に折ったときに、少し下の白い部分が見えるように折って下さいね。

 

 

7、上の角を、点線で下に折ります。

ここまではお内裏様と同じ折り方です。

ここから少し違うので、注意して折っていきましょう。

 

8、下の角を、写真のように後ろに折って、入れていきます。

下からみた写真です↓

 

9、点線でしっかりと折ります。

折り紙が厚くなっていて、しわが出来やすいので、ゆっくり丁寧に折って下さいね。

 

10、頭のてっぺんの角を後ろに少し折ります。

 

11、お雛様の完成です♪

 

最後に、マジックで髪を描いていきます。

髪は描かなくても良いですが、描いた方がよりお雛様らしくなるのでオススメです。

お好みで描いみて下さいね♪

特に、小さい子供さんがマジックで描くときは、下にいらない紙を敷いてから描くと、台が汚れなくて済みますよ^^

 

私は、今回のお雛様は、顔を描く面積がちょっと狭かったので、顔は描きませんでした。

もし、顔が無くてちょっと寂しいな~っと思ったら、お好みで顔も描いてみて下さいね♪

 

折り紙でお雛様の折り方2種類のまとめ

いかがでしたか?

ハサミも使わずに、難しい折り方も無く、簡単に折る事が出来ましたね。

裏に返して折る部分、表に返して折る部分とがあるので、間違えないように折って下さいね。

注意点は、腕を折るときに、折り紙がかなり厚くなっていて折りにくいので、指先に力を込めて、ゆっくり丁寧に折って下さい。

今年のひな祭りは、是非お好みの折り紙で、世界でたった一つのお雛様を折ってみて下さいね^^

★その他ひな祭りの折り方はこちら★

お雛様の折り紙。簡単に子どもでも可愛い3月のひな祭りの五段飾りを作れます♪幼稚園や保育園の手作り保育にもオススメ!

せっかく折るなら高級な折り紙で折りたい!っという方は、こちらも参考にしてみて下さいね↓

100均の折り紙とはちょっと違う!通販できるかわいい&オシャレな折り紙10選

 


コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: