折り紙でお雛様の折り方。立体で手のひらにのせられるよ♪

折り紙 ひな祭り

こんにちは。まろんママです^^

もう少しすると桃の節句ですね。

 

スポンサーリンク

 

桃の節句で忘れてならないのが、お雛様です♪

そこで今回は、折り紙で立体のお雛様の折り方をご紹介します。

三角形で底が安定しているので、ちょっとしたスペースにちょこっと飾るのにオススメです♪

小さい子供さんが一人で折るには、ちょっと難しく、ハサミも使うので、ママが近くで見守ってあげて下さいね^^

 

 

折り紙で立体折ったお雛様の完成写真

それではまず最初に、折り紙で立体に折ったお雛様の完成写真をご覧下さい。

立体で手のひらサイズのかわいいお雛様が完成します。

お雛様の着物は無地の物も素敵ですが、ちょっと和の柄の物を使用すると、ぐっと華やかさがUPしますよ♪

柄付きの折り紙も今では100均で揃える事が出来るので、是非、お好みの折り紙をチョイスして作ってみて下さいね^^

 

★その他ひな祭りの折り方はこちら★

ひな祭りの折り紙。お雛様の五段飾りを作ってみよう♪

折り紙でお雛様の折り方2選。簡単に子供でも作れるよ♪

折り紙でお雛様の折り方。簡単に平面の雛人形2種類が完成♪

 

スポンサーリンク

 

折り紙でお雛様を立体に折る時に必要な物は?

それでは次に、折り紙でお雛様を立体に折るのに必要な物をご紹介します。

事前にこれらの物を準備しておくと、作業がスムーズに行えますよ♪

【必要な物】

●折り紙 2枚 (好きな色、柄でOK!)

●ハサミ

●のり

●マジック (顔を描きます)

無地の折り紙は着物の衿の部分になるので、着物の色と合う色を選ぶ事がオススメです。

今回は青系の折り紙でお内裏様を作っていきます。

お雛様の場合は、赤やピンク等、お好きな色をチョイスして下さいね!

 

スポンサーリンク

 

折り紙でお雛様の折り方。立体に折ってみよう♪

それでは準備が整ったところで早速、立体のお雛様を折っていきましょう。

1、最初に青い折り紙を幅1~1.5㎝位で切ります。

これはあくまでも目安なので、大まかで良いです。

ここはお雛様の衿の部分になります。

幅広に切る分には後からいくらでも調節できますが、余り細く切りすぎてしまうと、くっつけるのが少々大変です。

なので、少し広めに切っておくことをお勧めします。

この衿があるとしまって、かっこよく見えるのですが、「面倒だな~」っと思ったそこのあなた!

省いても出来るので、面倒だったら省いちゃって構いませんよ~(笑)!

 

2、次に折り紙を半分に折ります。

 

3、一度開いてまた半分に折り、下の写真のように十字に折り目を付けます。

 

4、下側を中心の線に合わせて折ります。

 

5、一度開いて、下の端を4でついた折り目に合わせて折ります。

 

 

6、上の左角と中心線の下(丸の部分)を内側に折ります。

ここは、しっかりと合うように折ってくださいね。

そうしないと、後から顔の輪郭や着物のバランスが微妙にずれてきます。

 

7、右側も同じように、赤の線と赤の線が合うように折ります。

ここで綺麗な逆三角形が出来ていたら大成功です!

逆に、バランスの悪い三角形だと後からの作業が大変になるので、6に戻って折りなおして下さいね。

 

8、一度開いて、左右の端のオレンジの線の部分に、1で切った衿の部分を糊で付けます。

大きな三角形の折り目がうっすらと見えますね。

その端に付けます。くれぐれも貼る場所を間違えないように注意してくください!

付ける際のポイントは、色付きの方が表側になるので、色付きの方を最初に付け、幅を調節してから裏に折り返すと上手くいきますよ。

裏側は見えないので、少々しわが寄っても幅が広すぎたり狭すぎても大丈夫です!

くっつけた衿の部分がはみ出たら、しっかりはさみで切っておいて下さいね。

 

9、両端にくっつけたら白い方を向け、大きな三角形の折り目の頂点を上に向けます。

 

10、上にある横の折り筋(緑の線)の左端(ピンクの丸)と、中心線の一番下(青の丸)に合わせて内側に折ります。

折るときは、黄色い線に頂点が合うように折ります。

 

 

11、今度は右側も同様に赤の線と赤の線が重なるように折ります。

 

 

12、中心分部の三角形の折り目に顔を描きます。

仕上がりが立体の三角形になるので、髪は横まで描いて下さいね。

そうしないと、前だけ髪があって横が髪がないお内裏様になってちょっとカッコ悪くなってしまいますよ(笑)。

 

13、顔が出来たら、裏返して上の折り目で押し返します。

 

14、後は赤い折り目にそって中側に折っていきます。

 

15、最後に底を糊で付けたら完成です!

お雛様も同じように作って一緒に飾って下さいね。

 

「写真ではわかりにくかった」という人は、動画でお雛様の作り方をチェックしてみて下さいね。

動画の方がもっと分かりやすいですよ♪

 

折り紙でお雛様の折り方(立体)まとめ

いかがでしたか?

小さいお子さんが折るには少々難易度が高いですね。

その場合は、ママやパパが作ってあげてくださいね。

「どうしても自分で作りたい!」という向上心にあふれるお子さんは、ところどころ手伝って一緒に折ってみて下さい。

 

可愛らしい小さな三角形のお雛様で、手のひらにチョコンと乗せることができますよ。

底が三角で安定している上にコンパクトなので、ちょっとしたスペースに飾るのにもオススメです♪

 

★その他ひな祭りの折り方はこちら★

ひな祭りの折り紙。お雛様の五段飾りを作ってみよう♪

折り紙でお雛様の折り方2選。簡単に子供でも作れるよ♪

折り紙でお雛様の折り方。簡単に平面の雛人形2種類が完成♪

 

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました