折り紙で屏風の折り方。簡単に小さな子供でも作れるよ♪

折り紙

こんにちは。まろんママです^^

もうすぐひな祭りですね!

ひな祭りで欠かせないのはお雛様ですね。

お雛様とお内裏様、出来れば三人官女に五人囃子と華やかに飾りたいものですが、そんなに飾る場所が無いよ・・・。

という人には、折り紙で作ったお雛様とお内裏様に加えて、ぼんぼりや屏風で華やかにしてみませんか?

っということで、今回は、お雛様とお内裏様の後ろに飾る屏風の折り方をご紹介します。

屏風があるだけで本当にパ~っと明るくなりますよ♪

 

スポンサーリンク

 

折り紙で屏風を折った完成写真

それではまず最初に、今回ご紹介する屏風の完成写真をご覧下さい。

お内裏様とお雛様も飾ると写真のようになります。

屏風があることで、お雛様とお内裏様が一層華やかになりましたね♪

ハサミを使わないので、小さい子供さんでも安心して折る事ができます。

屏風の幅をバランス良く折る事がコツなので、もし、小さい子供さん一人で折るのに難しい場合は、ママが手伝ってあげて下さいね^^

 

★その他ひな祭りの折り方はこちら★

ひな祭りの折り紙。お雛様の五段飾りを作ってみよう♪

 

 

スポンサーリンク

 

折り紙で屏風を折る時に必要な物

まずは「折り紙で屏風を折る時に必要な物」をご紹介します。

事前にこれらの物を準備しておくとスムーズに折れますよ♪

【折り紙で屏風を折る時に必要な物】

●折り紙 1枚

準備と言っても、たったこれだけです(笑)。

今回は金色でゴージャスにしたいと思います。

色は金色や黄色等明るい色が華やかになるのでお勧めです!

お雛様とお内裏様の着物が無地なら、柄付きの屏風にしても華やかで良いですね♪

 

 

折り紙で屏風の折り方

それでは、次に具体的な「折り紙で屏風の折り方」をご紹介しますね。

1、折り紙の白い面を上にして置きます。

 

2、写真のように赤線、青線で折り、十字に折りすじをつけます。

 

3、下の端を赤線の折りすじに合うように折ります。

 

4、赤線の折りすじで半分に折ります。

 

5、右端から横幅の3分の1のところで折ります。

 

6、左端を真ん中の赤線のところで折ります。

このとき手順5で、3分の1に上手く折れていないと、ぴったりと端と端が合いませんが、後で広げるので、少々ずれていてもそれほど気にしなくても大丈夫ですよ♪

 

7、次に端と端を持って、ゆっくり、ゆっくり広げます。

このとき、勢いよく開いてしまうと「ビリ!」と破けてしまうこともあるので、ゆっくりと丁寧に開いてくださいね。

このままだと、綺麗な折り目の屏風ではないので、綺麗に折りなおして行きましょう♪

 

8、写真のように、赤線の折りすじのところで山折りに、青線の折りすじのところで谷折りにして、蛇腹に折ります。

上から見ると写真のようになります。

横からみると写真のように三角形の山が3つ出来ますよ♪

 

9、立てたら折り紙で折った屏風の完成です!

立てるときは、折り返している方を下にして下さいね。その方が安定して立ちますよ^^

 

お内裏様とお雛様、ぼんぼりも一緒に飾って、とっても華やかになりました♪

写真では少しわかりにくかったという人は、動画で折り紙で屏風の折り方をチェックしてみて下さいね。

動画の方が細かい動きがわかるので、オススメです♪

 

折り紙で屏風の折り方のまとめ

いかがでしたか?

とっても簡単に作れましたね♪

幼稚園以下の小さい子供だと、作業5の綺麗に3分の1に折るところが少し難しいので、上手く出来ないときはママが手伝ってあげて下さいね。

簡単に作れるので、1枚では少し華やかさに足りないな・・・、っというときは、もう1枚足して、さらに華やかにしてみて下さい。

今年の桃の節句には、親子で作った世界でたった一つのお雛様を飾ってみて下さいね^^

 

★その他ひな祭りの折り方はこちら★

ひな祭りの折り紙。お雛様の五段飾りを作ってみよう♪

 

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました