スポンサーリンク

幼稚園 水筒の大きさ(容量・サイズ)のおすすめはコレ!サーモスや保冷、おしゃれなのをチェック!

幼稚園
スポンサーリンク

幼稚園へ通っていると、思っていたよりも様々な持ち物を用意しないといけませんよね。

中でも毎日持たせるもののひとつとして、水筒があります。

「大きさとか入れられる量とか、どのくらいのを子供に持たせるといいの?種類がいろいろあって決められない…。幼稚園の子にオススメの水筒ってある?」

結論から申しますと、オススメはあります!

今回は失敗しない水筒の選び方や、オススメしたい種類、メリットデメリットなどをまとめてみました!

人気のブランド、サーモスについてもご紹介させていただきますので、ぜひご参考にしてみてくださいね♪

キャラクター好きの子どもさんには嬉しいスケーターの水筒です。通販で手軽に購入可能です♪

スポンサーリンク

幼稚園 水筒の大きさ(容量)のおすすめはコレ!失敗しない水筒のサイズの選び方。

画像引用:https://pixabay.com

幼稚園のお子さんの水筒の大きさはズバリ、350ml~480mlのものをオススメいたします!

なぜなら、年少~年長まで取り扱いやすい大きさで、尚且つ中身の量を調整しやすいからです。

飲む量って成長に供なってだんだんと変わってきますよね。年少の水筒の容量と年長のそれとではやはり多少なりとも差が出ます。

また、季節やイベントによっても変わります。夏の暑い日や運動会などはお茶の減りが著しいですね。

しかし、だいたい上に挙げた容量(350ml~480ml)でおさまることが多く、この容量だと飲み残しもあまり出ません。

私事ですが以前、自分の子(当時は年中組)に1Lの水筒をプレゼントしていただいたことがありました。

はりきって持たせると

「重いから嫌だ。肩が痛い!」

と、2~3日で持つのをやめてしまいました。(もったいないので小学校で使うため大切に保管しています。)

そのような経験から、大きすぎず子供が取り扱いやすい 480mlのものを選ぶようになりました。こちらの方が年長までずっと気に入って使ってくれています。

周りのお母さん方も480mlまでのサイズをお子さんに買ってあげている方が多いようです。

・500mlだと大きすぎる

・日常使いにちょうど良いサイズ感

・かわいいデザインがある

参考元:ツイッター

使いやすくてイチ押しのサイズです!

忙しいママには通販が手軽で時短です♪人気ののキャラクターの中から選べます♪

また、幼稚園のお弁当箱の大きさを実体験を元に書いた失敗しない選び方もあるので、是非参考にしてくださいね♪

幼稚園の水筒はステンレスとプラスチックどちらがおすすめ?

画像引用:https://pixabay.com

水筒を購入するにあたって悩むのは、ステンレスかプラスチックどちらがよいのか、という点ではないでしょうか。

幼稚園に指定のない限り、

お子さんの好み…長く愛用してくれます。

活動的なタイプの子か…傷みやすいものは注意が必要です。

お預かり(延長)保育を利用しているか…保冷・保温が関係します。

以上の点を考慮して選んでみると、きっと探しやすいはず!

ここではプラスチックとステンレスそれぞれのメリットデメリットについてまとめてみましたので、ご参考にしてみてくださいね♪

プラスチック水筒のメリット&デメリット

まずは最初にデメリットからご紹介します。

デメリット

保冷、保温性が低い

夏場などは飲み物が傷みやすい

やはりプラスチックの水筒は、温度に関して考慮すべき点があると言えます。

続いてメリットをご紹介します。

メリット

軽くて丈夫

・ステンレスに比べて低価格

・透明タイプなどもあり、デザインが豊富で他の子とかぶりにくい

といった点が挙げられます。

・自分で選んだプラスチック製の水筒を気に入って抱いて寝てる。

・これからの幼稚園生活が楽しみ!

参考元:ツイッター

というお子さんもいるようです。気に入って使ってくれると、親としてもうれしいですよね!

そのため、以上のメリットデメリットを参考にすると、

園にいる時間帯が少なめ

わりとよく動く活発なタイプの子

が持つのに適しているのではないでしょうか!

ステンレス水筒のメリット&デメリット

まず先にデメリットから見ていきましょう♪

デメリット

ステンレス製の水筒のデメリットは

プラスチック製に比べて重い

傷や凹みがつきやすい

高めの価格設定

そのため、年少さんやよく動く活発なお子さんの親御さんはステンレス製の水筒を持たせても大丈夫か不安になることが多いようです。

続いてはメリットを見ていきましょう!

メリット

保冷、保温性に優れている

水筒の中身が傷みにくい

以上の点が挙げられます。

・真夏は食べ物飲み物が傷みやすい

・暑さ対策のために水筒は保冷機能付きに替えた!

参考元:ツイッター

という声も。確かにいつでもおいしく安全に飲めるのは大切なポイントですね!

特に延長保育をお願いすることが多い場合は、長時間でもおいしく飲めるステンレス製の水筒って頼りになる存在ですよね!

以上の点をふまえると、ステンレス製の水筒は

延長保育を利用している

ある程度、乱暴な物の取り扱いをしない

こういったお子さん方が持つと水筒本来の効果を長い間発揮してくれるのではないでしょうか。

(ただし、どんなに大切に扱っていてもステンレス製の水筒は傷や凹みがつきやすいです!そのため、カバーをお付けすることを強くオススメします!)

幼稚園の入園準備で必要なランチマットの枚数や素材について失敗談から学んだ経験を詳しく紹介しています。

幼稚園の水筒 ステンレスでコップ付きのおすすめ!キャラクターもあります♪

ステンレス製の水筒も様々なメーカーから販売されていますが、中でもコップ付きで人気のものをご紹介させていただきますね♪

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 水筒 ステンレス クール キッズ スポーツ ボトル 2 WAY 

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動します。

コップ付きで男の子用、女の子用と種類がある450mlの水筒です。

コップ、ストローと付け替えられるので、子供さんが上手くコップで飲めないときは、ストロー、幼稚園に入学してからはコップと使い分けることもできますね♪

コップの持ち手は広く作られていて、小さい子どもさんでも持ちやすく工夫されています。

コップには温かい飲み物の入れることができますよ♪

内面はフッ素コートで飲み残しの汚れや茶渋が付きにくくなっている工夫も嬉しいですね!

また、容量が450mlはちょうど良い大きさですね。

安心の象印なのも嬉しいポイントですね^^*

我が子の幼稚園では衛生面を考えてコップ付きの水筒が指定されていたので、2歳、3歳になってから水筒の購入を考えているママは、先を見据えてコップ付きを選んでおくのも一つの手ですよ♪

こちらの水筒は、アマゾンや楽天、ヤフーショッピングでお家にいながらお買い物ができます

スケーター 子供用 2WAY ステンレス 水筒 コップ付き

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動します。

こちらは少し容量が増えて470mlの人気のスケーターの水筒です。

人気キャラクターが勢ぞろいで、見ているだけで楽しくなっちゃいますね♪

メーカーはお弁当箱でも有名なスケーターなので、お弁当箱も一緒のキャラクターでそろえても良いですね。

別売りのパッキンもあるので、例え洗うときに取れて無くしても、パッキンだけ購入できるのが嬉しいポイントです!

女の子に人気のディズニープリンセスやサンリオ、すみっこぐらしもあります♪

人気キャラクターから選ぶ事が出来るので、是非子どもさんが好きなキャラクターがあるかチェックしてみて下さいね♪

サーモス 水筒 真空断熱2ウェイボトル 0.6L/0.63L FHO-601WFDS P

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動します。

こちらは女の子に人気のミニーちゃんの水筒です♪

他にもミッフィーや男の子向けのミッキーブルー、その他の柄もありますよ。

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動します。

容量が600mlなので、3年間買い替えをしたくないという方や、水をよく飲む子供さんにおすすめです。

メーカーも水筒で有名なサーモスで、幅広な肩に優しいストラップも嬉しいポイントですね!

また、カバーが付いているので、絵柄がはげる心配もありません。

我が家は上の子はカバーなしの水筒にしましたが、絵柄が見事に剥げて、最後は水筒カバーを自作して使用していました。

以下写真がその時の水筒です。

子供が大好きな新幹線の絵柄でしたが、カバーが無いため、擦れたりぶつかったりで、絵柄がどんどん剥げていきました。

これを踏まえて、下の子はミッフィーのカバー付きの物を購入しましたよ。

カバー付きの物は、絵柄ははげませんが、色褪せたり、底の部分が擦れたりします。

個人的には、カバー無よりも有りの方が、水筒が傷つかなくてよいのでおすすめです。

こちらの水筒もアマゾン、楽天、ヤフーショッピングで購入できます。

水筒は、なかなかコレっていうものが近所の店舗では見当たらなかったので、ネットで探せるのは時短になって嬉しいです

別売りの部品も通販で購入可能です。

幼稚園水筒 ステンレスで直のみ(コップ無)のおすすめ!

ここからは、コップは付いていなくて、直のみタイプの水筒をご紹介します。

スケーター 直飲み ステンレス 水筒 470ml ボトルカバー付き

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動します。

スケーターも多くの親御さんから支持されている定番のひとつですね!

子供を通わせていた幼稚園ではこちらのブランドを持っている子供達がけっこういた記憶があります。

こちらの水筒の大きな特徴は何といってもデザインの豊富さ!

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動します。

女の子が大好きなアナ雪もありますよ♪

子どもさんが大喜びするような人気のキャラクターが大胆に描かれています。

幼稚園に持って行くのが楽しくなりそうですね♪

もちろん品質もしっかりしており、飲む時に蓋が戻らないようにキャップロック設計がされていたり、お子さんが取り扱いやすいように気配りの行き届いた製品になっています。

幼稚園の水筒 ストローのおすすめ

幼稚園によっては飲み口がストロー仕様のもの指定の場合があります。また、年少ではストローの方が飲みやすいというお子さんもいます。

ここではオススメのストロータイプの水筒をご紹介させていただきますね。

サーモス 水筒 真空断熱ストローボトル 400ml ブルーネイビー 保冷専用 FHL-402F BL-N

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動します。

サーモスからもストロータイプのものが販売されています!飲みやすさと保温保冷、どちらもバッチリ対応してくれるのでとっても助かりますね!

スケーター ストローボトル ダイカット ストロー付き 水筒 スヌーピー 350ml PBS3STD

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動します。

思わず「かわいい!」と声が出てしまいそうなキュートなデザイン!人気のキャラクターがそのまま水筒になりました!

幼稚園でも一目で自分のものだとわかるインパクトですね。お子さんもきっと大喜びで使ってくれるはず!

プラスチック製なので軽くて丈夫なのも大きな特徴です♪

GOOM 水筒 子供 保冷保温 真空断熱 直飲み コップ 付 3WAYストローボトル 470ml

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動します。

こちらはステンレス製の水筒で、ストロー以外にも直飲みとコップ、いずれにも付け替えることができる商品です。

成長の度合いに合わせて買い替える必要がなく、長く使えるのがとってもうれしいポイントですね!

デザインも豊富なので、お子さんのお気に入りがきっと見つかるはず!

アマゾンが一番お得で♪(2022年2月現在)

いかがでしたでしょうか。ぜひご参考にしてみてくださいね♪

幼稚園の水筒の中身を紹介!

画像引用:https://pixabay.com

幼稚園の水筒の中身は一般的にはお茶という指定が多いです。また、スポーツドリンクやジュースといった、お茶以外の飲み物は不可としている場合もありますので、気をつけておく必要があります。

お茶は飲みやすくてカフェインレス、ミネラルも豊富なので麦茶を入れているご家庭が多いようです。

お腹の冷えややけどには注意が必要ですが、夏は冷やしたものを、冬は少し温めたものを入れてあげると子供もやはりうれしいようです。

うちの子も季節ごとに

「冷たくしといてね!」「ぬくぬくがいいの!」

としっかりリクエストしてきました…。

ちなみに、水筒の内側に付いたイヤな茶渋は重曹を溶かしたお湯とボトル用のブラシで擦ると落ちやすいのでオススメです♪

幼稚園水筒の大きさ(容量)のまとめ

画像引用:https://pixabay.com

幼稚園の水筒って、考え出すと何が良いのかいろいろと迷ってしまいますよね。

最近では様々なタイプが販売されているので、お子さんの好みやどのような状況の下で使われるかなどを考慮して選んでみてくださいね。

お子さんもお母さんも、双方が納得いくひと品が見つかるとうれしいです!

キャラクターの水筒は、大手通販でも購入できます。買いに行く手間が省けて便利です♪

幼稚園のお弁当箱の大きさやランチマットの枚数や素材上靴の名前の書き方や書く場所について、実体験を元にまとめた記事もあるので、良かったら参考にしてくださいね♪

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました