ハンドメイド

ふんどしパンツの作り方。手ぬぐいで簡単に子供用も作れます!ゴム入り姫パンだからずり落ちない♪


こんにちは。まろんママです^^

最近、開運料理人の「ちこ」さんの本を読んでいます。

その中で紹介されていたのが「ふんティー」というもの。

(別名、姫パンとも呼ばれています)

ふんティーとは、「ふんどしパンツ」の略で、股関節をゴムで締め付けないので、足のむくみや疲れ、冷え性にも良いとの事。

足のむくみと冷え性が気になる私としては、是非この「ふんどしパンツ」を試してみたい!

っと思い、早速作ってみました♪

【完成写真はこちらです】

今回は、子供用大人用を作りました。

子供用サイズは身長90㎝と110㎝の子供に合わせて作りました。

大人用の大きさはSサイズ相当のおへそが出る、股上浅目のパンツです。

オーダーメイドですので、大きさは自分の体形に合わせて調節して下さいね♪

ふんどしパンツはいくつか作り方はありますが、今回は手ぬぐいを使って、とっても簡単に作る事が出来るふんどしパンツの作り方をご紹介します^^

本当に簡単に作れるので良かったら是非作ってみて下さい^^

手ぬぐいでふんどしパンツを作るのに必要な材料

それでは次に、ふんどしパンツを作るのに必要な物と道具をご紹介します。

【必要な材料】

子供用

手ぬぐい:長さ90㎝ 幅28㎝

平ゴム(1.5㎝幅):15㎝×2本

ウェスト部分や胴体部分の長さは、子供さんに合わせて調節して下さいね♪

大人用

手ぬぐい(長さ90㎝  幅33㎝)

平ゴム(1.5㎝幅) 20㎝×2本

【必要な道具】

ミシン

待ち針

ハサミ

チャコペン(鉛筆、色鉛筆でもOK)

定規

紐通し(なければクリップやピンでもOK)

アイロン

手ぬぐいの大きさは大体90㎝×33㎝であれば大丈夫です。

今回、大人用のふんどしパンツで使用した手ぬぐいは、こちらで購入しました。

そして、子供用は100均のセリアで購入しました。

夏に大量に手ぬぐいが売られているのを思い出し、まだ売っているかな?っと急いで探しに行ったところ、隅っこに追いやられていましたが、まだありました!

数は夏見たときに比べると、かなり少なくなっていましたが、子供が気に入りそうな柄があって良かったです♪

100均でも可愛い柄はあるので、安く済ませたい人は探してみて下さいね。

もし、お近くに無い場合や買いに行く時間の無い人はネット通販でも購入する事が出来ます。

お気に入りの手ぬぐいで作ると、子供さんも喜んでくれそうですね!

手ぬぐいでふんどしパンツ(ふんティー)の作り方

大人用をベースに作っていますが、子供用も作り方は同じです。

1、手ぬぐいを広げ半分に折り、輪がない端から8㎝のところで切ります。

すると、表と裏で2本の紐が取れます。

最初に、この8㎝で切った布を使用していきます。

2、裏側にして、両端から約1㎝チャコペンで印を付けます。真ん中部分は6㎝になります。

3、両端1㎝を内側に折り、アイロンをかけて折り目をしっかりとつけます。

4、真ん中で半分に折り、アイロンをしっかりとかけます。

このとき、紐の幅は3㎝になります。

5、もう片方の8㎝に切り取った布も同じように作り、2本の幅3㎝の紐が完成です。

6、平ゴムと、先ほど作った紐を仮止めして輪っかにします。

7、この輪っかの部分がウェスト部分になります。

最初はかなりゆるいので、一度自分で履いてみてウェストの大きさを調節します。

ここで調節するときは、平ゴムでは無く、布の方を切って調節して下さい。

8、切った布は端5㎜程中に折り端処理をします。

9、再び輪っかにして仮止めをして、もう一度合わせてみます。

10、丁度良かったら、仮止めを一つだけ外して一直線のひも状にします。

11、仮止めしたところをミシンで縫ったら、ウェストの紐の部分は完成です♪

12、次は胴体部分を縫っていきます。

残った胴体部分は折った状態で37㎝あります。

37㎝だと、もの凄く大きいので、この長さはご自身の好みで変えて下さいね。

大体32㎝もあれば十分です。

私は手持ちのパンツを見ながら調節し、Sサイズの浅履きで26㎝にしました。

サイズが決まったら、赤線部分で切り取ります。

13、端から約3㎝折ります。

この時、端から糸が出てこないように、事前に5mm位中に折り込んでから3㎝折ります。

端処理がされているとこの作業は省けます。

裏側も同じようにして折ります。

14、3㎝折った点線部分をミシンがけします。裏側側も同じようにミシンをかけます。

15、次に、先ほど作った紐を通していきます。

16、一周通し終わったら、紐の端と端を合わせて縫います。

17、平ゴムが見えないように中に入れ、ずれないように丸の部分をミシンで縫って固定します。

裏側も同じように固定して下さいね。

18、完成です♪

これだけだと、何だか可愛さに欠けるので、ウェスト部分に真っ赤なリボンを付けて見ました。

この、ほんのひと手間で可愛さがUPしました♪

ふんどしパンツ(姫パン)を履いてみた感想

実際履いてみてどうだったか感想を言うと、

軽くて楽ちん♪

そう、股関節の締め付けが無いので、楽ちんな上に気分も軽くなります。

ただちょっと気になったのが、

おまたがスースーすること・・・。

ええ、風通しが良いので、スカートなんか履くとスースーします。

夏場は涼しくて良いのですが、冬場スカートだと、お尻が冷えそうです。

なので、冬場はふんどしパンツの上から何か履くことをオススメします。

そして、子供用のふんどしパンツを作ってみて気が付いたことが・・・、

手ぬぐいだから乾きが早い!

これは嬉しい発見でした♪

我が家の3歳の子供はしょっちゅうおしっこをちびっています。

そして、その度にパンツを手洗いしていたので、早く乾くのは本当に助かります♪

なので、おしっこをちびってしまったり、漏らしてしまう幼児さんには、是非作ってあげて下さいね。

また、赤ちゃんにも股関節を締め付けないのでオススメです!

今回は100㎝前後の子供用で作っていますが、作り方は基本同じなので、赤ちゃん用で作る場合はご自身の子供さんのサイズに布やゴム紐を合わせて作ってみて下さい。

我が子達は、嫌がらずむしろ喜んで履いてくれました♪

ふんどしパンツ(ふんティー)の作り方。子供用も手作り出来ます!のまとめ

健康に良いと言われているふんどしパンツ、簡単に作ることが出来ましたね。

慣れないうちは少し時間がかかるかもしれませんが、慣れるとすぐに作ることが出来ますよ♪

子供用は1時間もあれば2枚作ることができました。

ふんティーを実際に購入すると数千円はかかりますが、手作りだとたった数百円で作る事ができます。

100均で手ぬぐいを用意すれば、材料費も200円かからず、オーダーメイドの健康パンツが完成です♪

手作りだとオーターメイドで作れるのが嬉しいですね。

赤ちゃん、子供は勿論、女性用、男性用と作る事が出来ます。

足のむくみしびれ冷え性の方は勿論、気になる方は是非試してみて下さいね^^

100均が近くに無い場合や買いに行く時間が無い方は、ネット通販でもおしゃれな手拭いが沢山あります。

★関連記事はこちら★

子供用のマスクの作り方。簡単に10分で出来るよ♪手縫もOK!


コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
  プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

 新着記事