折り紙でハートの折り方。簡単に幼稚園児でも作れたよ♪手紙にもOK!

折り紙 ハート

こんにちは。まろんママです^^

もう少しでバレンタインですね!

バレンタインと言えば、女の子が好きな男の子にチョコをあげる日ですが、

今は義理チョコをはじめ、友チョコ、逆チョコ、等々・・・色々とありますね。

そこで、折り紙で作ったハートに日ごろの感謝のメッセージを添えてあげたら、

いっそう喜んでもらえること間違いなし(笑)!

我が家は子供から、いつもお仕事を頑張ってくれているパパに感謝を込めて贈ろうと思っています。

今回は5歳の息子でも簡単に折れた、ハートの折り方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

折り紙でハートを折るときに必要な物は?

まずは、「折り紙でハートを折るときに必要な物」をご紹介しますね。

事前にこれらの物を準備しておきましょう!

 

折り紙 1枚

手紙を書くペン (マジックは不可)

 

折り紙の色は赤でもピンクでもお好きな色で♪

黒のマジックで書くと、表に思いっきり文字が透けてしまうと、せっかくのハートが台無しになってしまいます。

なので、ボールペンや鉛筆で書くのがお勧めですよ♪

 

折り紙でハートの折り方

1、折り紙の白い面を上にしておきます。

 

2、下から上に折って三角形を作ります。

 

3、一回開いた後、今度は横から折って三角を作ります。

 

4、開くと折り目が十字に付きます。

 

5、上の角を、丁度十字の真ん中の折りすじに合わせるようにおります。

 

6、下の角を上の端に合わせるように折ります。

 

7、下の両端を写真のように中心に向けて折ります。

 

8、上と横のとがっているところを後ろに折ります。

折るときは、一度裏っかえしてから折ると折りやすいです。

特に、小さいお子さんと折るときは、ここがハートの形を作る重要な部分なので、バランスを見てあげてくださいね。

 

 

写真では「少しわかりにくいな~」っと思った人は、動画の方がもっと分かりやすいですよ♪

参考にしてみて下さいね。

 

 

ハートの折り紙に手紙を書くときは?

手紙を書くときは、一度ハートを完成させてから開きます。

折れ目が無い、もしくは少ないところに書くと、書きやすいし見やすいです。

 

一度開いても、折り目があるのでまたすぐに作ることが出来ますよ♪

 

スポンサーリンク

 

折り紙でハートの折り方のまとめ

今回は折り紙でハートを簡単に折る方法をご紹介しました。

とっても簡単に作ることが出来ましたね!

 

作業の8番目の、上と横の角を折るところで、

縦長のハートにしたり、横広なハートにしたりと、形を調節できるので、色々とアレンジしてみてくださいね♪

 

5歳の息子も折り紙は得意ではありませんが、

このハートは上手に作ることが出来ました♪

その後も、作れたことが嬉しかったようで、何度も何度も作っていました。

ええ、もちろん

「ママも一緒に作ろうよ~!」

と「魔の言葉で?」誘われてしまったので、

その後も一緒に作っていました^^;

 

今回、手紙は私が書きましたが、子供が文字や絵がかけたら、子供に書いてもらった方が、きっとパパも一層喜んでくれると思います♪

また、日付を入れることで、子供の成長が感じられるので、日付を入れるのもお勧めですよ。

 

バレンタインだけでなく、誕生日でもクリスマスでも、何か感謝のメッセージを伝えたいときにもお勧めです♪

 

☆子供が大喜びの立体のハートの作り方はこちら☆

●折り紙でハートを立体に折る方法!子供も大喜び♪

 

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました