スポンサーリンク

リボン型のヘアバンドの作り方。子供用で簡単にかわいいヘアバンド完成!

ハンドメイド

洋服のアクセントは勿論、ちょっとお出かけするときのおしゃれに、ヘアバンドは役立ちますね♪

特に、子供はゴムで結んでいてもぐしゃぐしゃ頭に・・・なんてことも多いですよね。

そんな時は、さっと余計な髪を上げられるヘアバンドが重宝します♪

そこで今回は、とってもかわいいリボン型のヘアバンドの作り方をご紹介します。

簡単に出来るので、初心者さんも是非ハンドメイドを楽しんで下さいね^^

 

スポンサーリンク

子供用リボン型ヘアバンドを作った完成写真

それではまず最初に、今回ご紹介するかわいいリボン型のヘアバンドの完成写真をご覧下さい。

太めのヘアバンドの真ん中をキュっと絞って、リボンにしています。

これだけでも可愛いのですが、もっとおしゃれにするために、リボンを付けるとより一層かわいくなりますよ!

もちろんリボンは取り外し可能です。

なので、気分によってシンプルにしたり、大きなリボンを付けたりと変えられます。

女の子ならとっても喜びそうですね。

リボンの作り方もご紹介するので、良かったら是非合わせて手作りしてみて下さい^^

子供用リボン型ヘアバンドを作るのに必要な物

それでは次に、リボン型ヘアバンドを作るのに必要な物を準備していきましょう。

【必要な物】

*ヘアバンド本体の生地:36cm×15cm

*ゴム部分の生地:25cm×8cm

*ヘアバンド中心に付ける生地:8cm×5.5㎝

*1cm幅 平ゴム 16cm

平ゴムの幅は今回1㎝にしていますが、1.5㎝でもOKです。

記事は、やわらかめのガーゼや薄手の綿100%がオススメです。

今回のサイズは5歳の幼児の頭を目安に作りました。

ゴムで調節できるので、頭の大きさによって、本体布の長さやゴムの長さを調節してくださいね。

また、ゴムを長くしたら、ゴム部分の生地を長くとる事も忘れないで下さい。

このゴム部分の生地が短いと、ゴムを思うように伸ばすことが出来ないので注意して下さい。

 

リボン型ヘアバンドの作り方。子供用で簡単に完成!

それでは準備が整ったところで、さっそく作っていきましょう。

リボン型ヘアバンドの本体の作り方

1、ヘアバンド本体の生地が中表になるように半分に折ります。

同じように、ゴム部分の生地も半分に折ります。

 

2、ヘアバンド本体の生地を上端から1㎝縫います。(わになっていない方を縫います。)

同様にゴム部分の生地も端から1㎝で縫います。

 

3、縫い終わったら、縫い代を中央に持ってきます。

 

4、アイロンをかけ割ります。

 

5、生地を表に返します。

細くて返しにくいので、ボールペン等の棒を使て反対側から押すように出すと返しやすくなります。

また、1/3くらいまで裏返したら、手で引っ張りやすくなります。

引っ張るときは力強く引っ張らないように注意してください。

 

6、ゴム部分の生地の両端を、写真のように1㎝程中に折り入れます。

 

7、アイロンをかけて形を整えます。

このとき、必ず縫い目が真ん中に来るように注意して下さい。

 

8、ヘアバンド本体部分の端約1㎝を写真のようにひだを寄せます。

このとき、一度ゴム部分の生地の端と合わせ、ゴム部分の端と同じ幅になるように調節します。

 

9、待ち針で固定します。反対側も同じようにヒダを寄せ、待ち針で固定します。

 

10、端から0.5㎝のところで縫います。

 

11ヘアバンド本体の縫い目がある方に平ゴムを端から約1㎝重ね、縫います。

まろんママ

この部分は負荷がかかる部分なので、しっかりと縫うようにして下さい。

 

12、ゴムの生地を平ゴムに通していきます。

このとき、ゴム通しがあると通しやすいです。

また、ない場合はヘアピンをひっかけて通すのもオススメです。

 

13、ゴム生地を通したら、本体と平ゴムの縫い目を覆うようにして、下記写真のように端から約2㎜のところで縫います。

もう片側も同じようにして縫い付けます。

まろんママ

このとき、ゴムがゴムの生地の中に入り込まないように注意して下さい。

また、ヘアバンド本体の生地とゴムの生地の中央の縫い目が合うように縫うと、きれいに仕上がりますよ♪

 

14、ヘアバンド本体部分の完成です♪

続いては、リボンの中心となるヘアバンドの真ん中に付ける生地を作っていきましょう。

リボンのヘアバンドの真ん中に付ける生地の作り方

1、左右上下1㎝内側に折り、アイロンをかけます。

 

2、ヘアバンドの本体の真ん中部分を写真のようにリボン型にします。

 

3、先ほどの生地を上から巻き、手縫いでまつり縫いをします。

 

4、リボン型のヘアバンドの完成です♪

まろんママ

思った以上に簡単に作ることが出来ましたね!

続いては、大きなリボンの作り方をご紹介します♪

 

大きなリボンの作り方(アレンジ1)

このアレンジ用のリボンも簡単に作れます。

良かったら、是非作ってみて下さいね。

【必要な材料】

リボン用の生地:縦10㎝×横30㎝ 2枚

 

【リボンの作り方】

1、2枚の布を、中表に合わせます。

 

2、真ん中で半分に折り、折り目を指や爪でしっかりとつけます。

 

3、写真のように、上下の真ん中1㎝のところで印を付け、両端から真ん中の印に向けて線を引きます。

まろんママ
まろんママ

リボンを結びやすくするため、真ん中を少し細くします。

 

4、線に沿って切ります。

 

5、端から1㎝内側のところを縫います。

このとき、下の真ん中5㎝は返し口になるので縫わないように注意して下さい。

 

6、リボンの形をきれいに出すために、余計な角を切ります。

まろんママ

このとき、縫い目まで切らないように注意してく下さい

 

7、表に返して、返し口をまつり縫いで縫います。

 

8、大きなリボンの完成です♪

 

早速ヘアバンドに結んでみました。

大きくて、よりいっそう可愛いりぼん付きのヘアバンドに変身です♪

 

ビーズ付きキラキラリボンの作り方(アレンジ2)

次は、かわいいビーズを付けたリボンの作り方をご紹介します。

【必要な材料】

*リボン 25㎝

*ビーズ6㎜ビーズ 適量

リボンの幅や長さはお好みで調節して下さい。

ビーズの大きさもお好きな物を選んで下さいね。

市販のリボンなら、端処理がいらないので、あっという間に作れますよ♪

 

【作り方】

1、リボンを三等分に折ります。

 

2、真ん中を写真のようにすぼめます。

 

3、針と糸で最初何針か縫い、その後糸をグルグルと巻いて固定します。

 

4、写真のように糸にビーズを通します。今回は6㎜ビーズを使用しました。

 

5、くるっと上に巻いて、裏側で固定して玉結びをしたら完成です♪

 

6、ヘアバンドの横にくっつけてみました。

この時、ヘアバンドの真ん中に付ける生地に縫い付けると移動が可能となり、上や横とお好きな場所に動かせます♪

お好きなリボンを作って、おしゃれなヘアバンド作りを楽しんで下さいね^^

 

リボン 型のヘア バンドの作り方。キッズ用でかわいい!のまとめ

今回は、子供用のリボン型ヘアバンドの作り方をご紹介しました。

ヘアバンド本体を作り、真ん中を絞るだけのシンプルなリボン型のヘアバンドに加え、可愛い大きなリボンを付けるアレンジ方法、ビーズ付きリボンの作り方をご紹介しました。

どれか作ってみたいものは見つかりましたか?

迷ってしまった場合は子供さんにも聞いてみて下さいね^^

また、どれも簡単に作れるので全部作っても良いですね♪

かわいい生地が沢山あるので、お気に入りの生地で作られて下さい。

かわいいリボン付きのヘアバンドでおしゃれをして、お出かけがよりいっそう楽しくなりますように。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました