折り紙ですすきの折り方。簡単に作れてお月見におススメ♪

この記事は2分で読めます

こんにちは。まろんママです^^

もう少しでお月見ですね。

お月見と言えば、お月見団子にうさぎに・・・っと真っ先に浮かぶと思います。

しかし、今回折り紙で折るのは、お月見団子でもうさぎでも無く・・・、

 

すすき!

 

です。

そう、秋になると草むらに良く生いしげっている秋の七草です。

すすきは、月の神様を守る依り代(よりしろ)として供えられています。

*依り代とは、神霊がよりつく対称物のこと。

本来は、稲穂を供えるのですが、お月見の時期には稲穂が無かったため、稲穂に似たすすきを供えるようになったといわれています。

 

このように、お月見には欠かせないすすきを、今回は折り紙で折っていきます♪

途中ハサミを使うので、小さい子供さんと折るときは、注意して見てあげて下さいね^^

★その他お月見に関連の折り紙はこちら★

折り紙でお月見飾りの折り方7選。簡単に可愛い飾りが出来るよ♪

 

スポンサーリンク

 

折り紙で折ったすすきの完成写真

まず最初に、今回ご紹介する「すすき」の完成写真をご覧下さい。

折り紙で作ったとは思えないほど、本格的なすすきが出来上がります♪

簡単に作ることができるので、是非チャレンジしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

折り紙ですすきを折るのに必要な物

それでは次に、折り紙ですすきを折るのに必要な物を、そろえていきましょう。

【必要な物】

折り紙 1枚

ハサミ 

のり

 

折り紙もハサミものりも、全て100均で揃える事が出来ます♪

すすきを折るので、折り紙は黄色、または薄い黄色がオススメです。

 

折り紙ですすきの折り方

それでは準備が整ったところで、折り紙ですすきを折っていきましょう。

1、真ん中の赤線で半分に折り、折り目をしっかりつけて開きます。

 

2、真ん中の折り目に向けて、左右の端を赤線で折り、折り目をつけて開きます。

 

3、4本の折り目に沿って、ハサミで切ります。

 

4、中央の赤線で半分に折り、開きます。

 

5、中央の折り目に向けて、5㎜位の間隔でハサミで切れ込みを入れます。

等間隔にハサミで切るので、小さい子供さん一人では難しい場合は、ママが手伝ってあげて下さいね。

 

6、写真のように、上から先を少し折ります。

ここで、最初からねじると上手くいかないので、最初は少しずつ折ることがポイントです。

 

7、ある程度先端を折ったら、クルクルと巻いていきます。

 

残りも写真のように、クルクルと巻いていきます。

この、クルクルと巻く作業が少し時間がかかるので、根気が必要です。

 

8、写真のように、下から少し折り、半分くらいまで折ります。

 

9、半分くらいまで折ったら、白い部分にのりを付けて、さらに折っていきます。

 

 

10、最後まで折ったら、折り紙ですすきの完成です♪

残りの切り取った3つも同じように折っていきます。

花瓶に入れて飾ったら、より素敵ですよ♪

花瓶の作り方はこちらを参考にして下さい。

折り紙で花瓶の立体的な折り方。お月見の飾りにもおすすめ♪

 

写真では少しわかりにくかったという人は、動画も参考にして下さいね。

動画の方が細かな動きがわかるので、おすすめです♪

 

折り紙ですすきの折り方のまとめ

いかがでしたか?

作業6、7のねじって穂を作るところは、少し根気がいる作業ですね。

それ以外は、簡単に作業を進めることができます♪

 

途中ハサミを使う部分もあり、小さい子供さんがひとりで折るには、少し難しいかもしれません。

そのときはママが手伝ってあげて下さいね^^

是非、親子で力を合わせて、世界でたった一つの「すすき」を完成させて下さいね♪

 

★その他関お月見の関連記事はこちら★

折り紙でお月見飾りの折り方7選。簡単に可愛い飾りが出来るよ♪

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村