このページはプロモーションを含みます
PR
スポンサーリンク

簡易チャイルドシートは違法?2歳1歳0歳用で持ち運び可能なおすすめを紹介!

お役立ち情報
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

簡易チャイルドシートは、軽くて持ち運ぶこともでき、取り外しが簡単で便利ですが、違法かどうか気になりますよね。

結論から言いますと、簡易チャイルドシートでもお子さんの身長、体重に合ったものを使っていれば違法にはなりませんよ。

ここからは、簡易チャイルドシートは違法か詳しく解説するとともに、

・簡易チャイルドシートは2歳1歳0歳、何歳からOK?
・簡易チャイルドシートの安全性を解説
・簡易チャイルドシートで2歳1歳0歳におすすめを紹介
・簡易チャイルドシートで旅行用におすすめを紹介

についても解説していきますので、興味のある方は、ぜひ読み進めて下さいね。

スポンサーリンク

簡易チャイルドシートは違法か解説

簡易チャイルドシートは製品ごとの身長、体重になっていれば違法ではありません。

チャイルドシートは事故が起きたときに、子どもを守る役目があり、道路交通法では、6歳未満の子供を車に乗せる場合にチャイルドシートを設置義務が課せられています。

「設置」について義務付けていますが、チャイルドシートの詳細については指定されていません。

お子さんの成長に合わせ、座席に確実に固定できるチャイルドシートを正しく使用することが大切ですね。

簡易チャイルドシートは2歳1歳0歳、何歳からOK?

簡易チャイルドシートは1歳を過ぎたころからがおすすめです。

乳児用のベビーシート 0歳から1歳

乳児用ベビーシートは、新生児から1歳くらいまでのお子さんを対象としています。

座席に対して後ろ向きにし、寝かすようにつけます。

メーカーによって、取り付け方が変わるので、安全性のためにも取扱説明書を必ず確認するようにしてくださいね。

チャイルドシート 1歳から4歳

チャイルドシートは1歳から4歳くらいのお子さんを対象としています。

前向きのチャイルドシートは、首がしっかりしていないと、寝てしまったときやブレーキを強く踏んだ時に首がガクンとなってしまうことがあるので、注意が必要です。

首が座り、自分で座席に座れるようになったら、ベビーシートから、前向きで座れるチャイルドシートに変えるタイミングです。

メーカーごと対象年齢が記載されていますので、年齢にあったチャイルドシートを確認してくださいね。

ジュニアシート 3歳から

ジュニアシート3歳からのお子さんが対象です。

チャイルドシートからジュニアシートに買い替えるタイミングは、チャイルドシートが小さくなってきたころがおすすめです。

シートベルトは、身長が140cm以上のある人を想定して設計されているため、身長がないお子さんをそのままシートベルトをつけると安全性が適切でない場合があります。

ジュニアシートは座面を高くし、車に装備されているシートベルトを適切な位置で装着できるように補助してくれますよ。

ジュニアシートと言っても、背もたれ・ヘッドレストがあるタイプと、背もたれがないブースターシートタイプがありますので、成長に合わせて選んでくださいね。

簡易チャイルドシートの安全性を解説

欧州のチャイルドシート安全基準である「ECE R129(新安全基準)」もしくは「ECE R44(従来の安全基準)」に適合しているかを確認することが大切です。

日本はこの欧州の安全基準を採用しており、安全基準を満たしている製品にはEマークついています。

このマークは2012年7月から起用されており、厳しい国際基準となる欧州と同じ、もしくは同等以上の安全性が確保されている商品にのみに付けられています。

簡易チャイルドシートでも、安全基準が決められおり、安全性基準に合格している製品にはEマークがついているので、必ず確認して選ぶようにしてくださいね。

簡易チャイルドシートで2歳1歳0歳におすすめを紹介 

トラベルベストECプラス

https://item.rakuten.co.jp/ebaby-select/6100005001/

対象年齢1歳から4歳まで

口コミを私の言葉でまとめました

デメリット
・軽いので固定してもぐらぐらする気がする
・肩ひもの調整が難しい
・しっかりしたものと比べると簡易なので安全性は大丈夫なのかと思うことも

メリット                
・コンパクトで軽い
・折りたたんで保管できる
・ホールド感もあるので子どもも喜んで乗ってくれる
・レンタカーや帰省、家族の車で出かけるときにもおすすめ

コンパクトにおりたためで軽いので取り付けたり外したりするときに便利ですよね。

また、おりたたんで収納することができるので、常にチャイルドシートを車に付けておくことができない人にもおすすめですよ。

ポップピットF ネビオ 

【楽天市場】【チャイルドシート 1歳から11歳 ロングユース 保温保冷ドリンクホルダー付き】ジュニアシート 長く使える 洗える 取付簡単 軽量 3way ポップピットF PoPPitF ネビオ Nebio:ネビオ公式楽天市場店
ベビー チャイルドシート ジュニアシート 赤ちゃんグッズ ベビーグッズ 出産祝い ドリンクホルダー 保温 保冷 ロングユース 1歳〜11歳 洗える 取付簡単 軽量 3way。【チャイルドシート 1歳から11歳 ロングユース 保温保冷ドリンク...

対象年齢 1歳ごろ~11歳ごろ

口コミを私の言葉でまとめました

デメリット
・最初にシートを開くときにコツがいる
・寝ると首がガクンとなったり、前に倒れてきたりたりすることがあり心配になる
・設置に多少時間がかかる

メリット
・カバーが洗えるので手入れが楽にできる
・ドリンクホルダーが便利
・子どもはご機嫌で乗り心地がよさそうにのってくれる
・車内がすっきりし、場所をとらない

お子さんの成長に合わせて1歳から11歳ごろまでと長く使うことができます。

1歳から4歳ごろはチャイルドシートとして、3歳ごろからはジュニアシートとして、ジュニアシートも窮屈になってきたら、ブースターシートとして座面だけで使うことができます。

お子さんによっては、ジュニアシート期間が短い場合もありますし、ブースターシートになかなか切り替わらない場合もあるので、ジュニアシートか、ブースターシートを使おうか悩んでいる方にもおすすめですよ。

使用期間が短いと、購入するかレンタルするか悩むこともありますが、使用頻度によっては、レンタルよりも購入する方がお得になることもある価格なので検討してみてくださいね。

長く使うことができ、コンパクトで取り付けも楽なので、お子さんやお孫さんの保育園の送り迎え用としてもいいですね。

マムズキャリーMCポータブルカーシート 

【楽天市場】マムズキャリーMCポータブルカーシート2MC-3281/MC-3282チャイルドシート ジュニアシート 軽量 isofix おでかけ たためる 収納 コンパクト シートベルト レンタカー カーシェアリング ロングユース シートベルト 2WAY:81ショップ
ISOFIX・シートベルト取り付け可能コンパクトに折りたたみ、持ち運びラクラク!カーシェアリングやレンタカーに最適!!。マムズキャリーMCポータブルカーシート2MC-3281/MC-3282チャイルドシート ジュニアシート 軽量 isofi...

対象年齢1歳から11歳ごろまで

1歳から4歳ごろまではチャイルドシートとして、3歳ごろからはハイバックートとして使うことができます。

口コミを私の言葉でまとめました

デメリット
・カバーが外れやすい
・寝てしまうと、首がカクンとなる

メリット
・コンパクト
・軽くてつかいやすい
・折りたたんで収納できるので、車に積んでおいても場所を取らない
・ISOFIXなので固定がしっかりできる
・コンパクトで持ち運びがしやすいのにしっかり固定できる

ISOFIXでもシートベルトでもつけることができますので、車を選ぶことなくつけられますよ。

シートベルトで固定だけだと安全性が気になる方には、ISOFIXタイプがおすすめです。

コンパクトに折りたたんで収納できるので、荷物置きに乗せておいて必要なときにだけ付けることができるので、常に使わない方にもおすすめです。

3歳から11歳ごろまではハイバックシートとしてもつかえるので長く使うことができるので、経済的ですね。

簡易チャイルドシートで旅行用におすすめを紹介

新スマートキッズベルト

【楽天市場】圧倒的レビュー数【正規品】新スマートキッズベルト B1092|回答書付き 2個 3個 チャイルドシート不要 子ども用 シートベルト 子供用 幼児用 補助 3歳から12歳 携帯型子ども用 ジュニアシート キッズシート Eマーク認定 小学生 カー用品 メテオAPAC:セレビューティー
ジュニアシートを検討中のパパ&ママに朗報!警察庁認定品 安心のメーカー正規品 チャイルドシートいらずのEマーク認定子供用シートベルト。圧倒的レビュー数【正規品】新スマートキッズベルト B1092|回答書付き 2個 3個 チャイルドシート不要...

対象年齢 3歳から12歳ごろまで

口コミを私の意見でまとめました

デメリット
・警察やスマートキッズベルトを知らない人には法律上のチャイルドシートをつけていないと思われてしまうことがある
・しっかりとまるので、クリップの取り外しが大変

メリット
・チャイルドシートのようなかさばりがなく、コンパクト
・タクシーやレンタカーでも使える
・持ち運びにかさばらない

ベルトタイプなので、かばんの中に入れて持ち運ぶことができるので、旅行や帰省などに便利ですね。

私は、日ごろはジュニアシートを使っていますが、車を変えるときや、旅行にはスマートキッズベルトを持って行きますよ。

レンタカーのお店でもチャイルドシートやジュニアシートを貸してくれることもありますが、子どもに合わなかったり、在庫が無かったりすることがあると心配なので、かばんに入れていきます。

取り付けるときには、すこし力がいるところもありますが、自分の車で何度か取り付けているとだんだんと取り付けに時間がかからなくなりますよ。

ベビーゴー モンレーヴ 

【楽天市場】チャイルドシート 折り畳みできるチャイルドシート モンレーヴプロシャンHO-003 ブラック×レッド ポータブルカーシート ISOFIX・シートベルト兼用 折り畳み 1歳頃から11歳頃まで 持ち運び ジュニアシート トラベルベスト BabyGo!【ラッピング不可商品】:ORANGE-BABY
チャイルドシート 折り畳みできるチャイルドシート モンレーヴプロシャンHO-003 ブラック×レッド ポータブルカーシート ISOFIX・シートベルト兼用 折り畳み 1歳頃から11歳頃まで 持ち運び ジュニアシート トラベルベスト Baby...

対象年齢 1歳から11歳ごろまで

口コミを私の言葉でまとめました

デメリット
・取り扱い説明書がわかりにくい
・折りたたむときに力がいる

メリット
・ISOFIXでもシートベルトでも使える
・コンパクトなのにしっかりしたつくり
・取り付け、取り外しも簡単

シートベルトで固定することもできますし、ISOFIXにも対応にもしているので、カーシェアや帰省などで車から車に取り付け変えるときに便利ですね。

ISOFIXのしっかり固定できるものを探している方におすすめです。

重量が6.3㎏と重さはありますが、折りたたみ式なので持ち運ぶことができます。

チャイルドシートとしても使えますが、ハイバックシートとしても使えるので、長く使うことができますよ。

ハイバックシートだと、頭の横にガード部分があるので、長距離移動などで、お子さんが寝てしまった時に首がガクッとなるのを抑えてくれるので安心ですね。

まとめ

・簡易チャイルドシートはお子さんの身長、体重に合ったものを使っていれば違法ではない。

・成長に合わせ、体格に合うものを、座席に確実に固定できるチャイルドシートを正しく使用することが大切。

・簡易チャイルドシートは1歳を過ぎたころからがおすすめ。

・乳児用ベビーシートとは、新生児から1歳くらいまでが対象。

・チャイルドシートは1歳から4歳くらいがおすすめ。

・ジュニアシートは3歳からがおすすめ。

・日本はこの欧州の安全基準を採用しており、安全基準を満たしている製品にはEマークついている。

・簡易チャイルドシートでも、Eマークがついているものを選ぶ。

お気に入りの簡易チャイルドシートを探してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントをどうぞ