カブトムシ成虫の飼育セット。初心者でも簡単な飼育方法を紹介します。

カブトムシ飼育

こんにちは。まろんママです^^

初めてカブトムシを飼う場合、最初に何が必要なのか迷いますよね。

我が家も、初めてのカブトムシ飼育で何を揃えたら良いのか迷いました。

そこで色々と調べ、6月末に無事に羽化したカブトムシの為に、100均で飼育セットを揃え、カブトムシの飼育環境を作りました。

そこで今回は我が家で行った飼育方法をご紹介します^^

スポンサーリンク

カブトムシ成虫の飼育セット。初心者でも簡単に出来る飼育方法は?

まず、カブトムシ成虫を飼育するのに、必要な物を揃えていきましょう。

必要な物

*飼育ケース

 

*土(マット)

 

*防ダニ・消臭剤

 

*コバエ除けシート

 

*エサ

 

*エサ台

 

*のぼり木

 

*転倒防止の小枝

 

*葉っぱ(枯れ葉)

 

*昆虫マットの栄養保水ウォーター

 

*霧吹き

 

我が家はマット以外は、すべて100均で揃えました。

100均で揃えると、ホームセンター等で揃えるよりかなりお得になるのでオススメです♪

100均が近くにある人は、是非100均で揃えてみて下さいね。

必要な物の詳しい記事はこちらを参考にして下さい。

100均でカブトムシの飼育セットを準備しよう!クワガタにもオススメ
初めてカブトムシを飼育するため、カブトムシ飼育に必要な物を100均で揃えてみました。今回は、実際に購入して使ってみた感想とオススメの物をご紹介します♪沢山あるので、是非お好みのカブトムシの飼育部屋を作ってみて下さいね^^
スポンサーリンク

カブトムシ成虫の飼育用品のセット方法

1、まず最初に、購入したマットが醗酵マットの場合は事前にガス抜きをします。

(発酵マットかどうかは、購入したマットの説明書きをみたら殆どの場合は書いてあります。)

【ガス抜きの仕方】

新聞紙や、たらい等にマットを広げて、涼しい日陰で風にあてて1~7日程ガスを抜きます。

発酵臭がしなくなったら、ガス抜き完了です。

ゆきママ
ゆきママ

なぜガス抜きが必要なのか?というと、マットが再発酵すると、ガスが充満し土が熱を持ち、中にいる成虫や幼虫等が死亡してしまう事があるようですよ。

 

2、ガス抜きが終わったマットに加水します。

このとき、防ダニ・消臭剤がある場合はマット1Lにつき大さじ1を加えて混ぜます。

加える水の加減は、手でギュッと握って下記写真のように団子が崩れない堅さです。

ゆきママ
ゆきママ

ギュッと握ったときに、水がしみ出てくるのは濡らしすぎなので、注意しながら加水して下さい。

 

3、ケースにマットを入れていきます。

底から2cm位を押し固めます。

 

4、その上にケース1/2位までマットを入れていきます。

このマットの入れ方はいくつか方法がありますが、我が家のカブトムシはこの方法で、1ヶ月半たった今でも元気に暮らしています^^

 

5、後は、用意したのぼり木や、転倒防止小枝、保湿ウォータ-、枯れ葉等を入れていきます。

100均で購入したケース(中)だと、これらの物を入れると、見てわかるようにケース内が狭くなってしまいました。

なので、後日模様替えして、すっきりとさせました♪

これでカブトムシの成虫飼育の準備が整いました。

 

カブトムシ成虫を飼育セットに移動しよう

それでは、カブトムシ成虫の飼育セットが準備出来たら、カブトムシを移していきます。

もらったり、採ってきたりして、既に成熟した成虫になっているカブトムシは、そのまますぐに移して大丈夫です。

しかし、羽化したばかりのカブトムシは、1週間くらい経ってから移すのがオススメです。

ゆきママ
ゆきママ

羽化したばかりのカブトムシはまだ柔らかい為、自力で蛹室から出てくるのを待ってから移して下さいね。

 

我が家の場合はペットボトルとトイレットペーパーの芯で作った人工蛹室で育てていたため、羽化して4日目に移しました。

本当は羽化してから1週間ほど経ってから移す予定でしたが、ペットボトルを登ろうともがいていたので移す事にしました。

そのときの様子は以下の写真をご覧下さい。

*ペットボトル内で動き回っているカツオ(カブトムシの名前です)

 

*ペットボトルの上の部分をとって、自分で出てくるのを待ちます。

 

*なかなか出ようとしなかったので、少し傾けてみました。

(写真がブレブレですいません)

 

*無事に飼育ケース内に移動しました!

飼育ケースに移した後、すぐに土の中に潜っていきました。

 

それでは次に、カブトムシの飼育ケースを置く場所についてご紹介します。

カブトムシ成虫の飼育環境は?

カブトムシを飼育するのに適した環境はどんなところが良いのか?

初めてのカブトムシの飼育だと色々と悩みますよね。

そこで、実際に我が家で行った環境をまとめたのでご紹介します。

カブトムシに適した環境
*直射日光と雨が当たらない30度以下の涼しい場所

*1つのケースに雄は2匹以上いれない
(雄同士だと喧嘩をして、寿命を縮めます。)

*オス、メス、ペアでの飼育は交尾確認後は別々のケースへ移す

*エサの食べ残しはコバエが発生する原因になるので、日中カブトムシが土の中に潜っている間は撤去する(日中もエサを食べる場合は置いておいてあげて下さい)

*マットの表面が乾燥してきたら、霧吹きで加水する
(やりす過ぎるとカビの原因になるので注意して下さい)

*ケースをむやみに叩いたり、揺すったり、移動したりしない

*えさ台や転倒防止小枝等が汚れていたら、カブトムシが潜っている日中に洗う

*ケース内が汚れていたら、水拭きしてきれいにする

 

以上我が家で実際に行っている事をまとめました。

この環境で、現在オスとメスの合計2匹のカブトムシは元気に暮らしています♪

 

カブトムシ成虫の飼育セットのまとめ

いかがでしたか?

初めてのカブトムシ飼育となると、色々とわからない事が多いですね。

しかし、カブトムシの飼育は、必要な道具も100均で揃える事ができるし、案外簡単に飼育する事が出来ます。

また、カブトムシの寿命は約2~3ヶ月といわれています。

人と比べるととても短いですね。

なので、その短い命を少しでも快適に過ごせるように、飼飼育環境を色々と工夫してみて下さい♪

是非、自分の元へ来てくれたカブトムシに、沢山の愛を注いて大切に育ててあげて下さいね^^

 

★その他カブトムシ飼育にに役立つ記事はこちら★

100均でカブトムシの飼育セットを準備しよう!クワガタにもオススメ
初めてカブトムシを飼育するため、カブトムシ飼育に必要な物を100均で揃えてみました。今回は、実際に購入して使ってみた感想とオススメの物をご紹介します♪沢山あるので、是非お好みのカブトムシの飼育部屋を作ってみて下さいね^^
カブトムシのマットにカビが!蛹に白いカビが発生した時の対処法。
カブトムシが蛹の時期に白いカビが生えたときの、我が家の対処法を紹介します。さなぎの蛹室の中にまでカビが生え、人工蛹室に移したので、トイレットペーパーの芯で人工蛹室の作り方や、移すときのやり方等ご紹介しています。是非お役に立てば嬉しいです^^

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました