「いっしょにあそぼ あかあかくろくろ」~最後の仕掛けが面白い!~

この記事は2分で読めます

みなさんのお子さんは笑うようになってきましたか?

この絵本は当時4ヶ月の息子に購入した絵本です。笑うことが多くなっってきたので「絵本でも読んでもっと楽しませてあげたい!」と思っていたときに、雑誌でこの絵本を紹介しているのを見て購入しました。

 

「いっしょにあそぼ あかあかくろくろ」のあらすじ

表紙をめくると、真っ白な背景に『あかいね』というセリフと笑っている赤い丸が描かれています。

このように、背景が真っ黒の中に白いゆきだるまの絵が描かれていたり、真っ白の背景に黒い目と赤い口だけがかかれています。

また、ページをめくるごとに絵も少しずつ増えてきて、セリフも最初は『しろ』だったのが『しろしろ ゆきだるま あそぼあそぼ』というようにリズム感あるセリフに変わっていきます。そして、最後の仕掛けは・・・?

 

「いっしょにあそぼ あかあかくろくろ」の感想

とにかく絵が可愛く、セリフもリズム感があって楽しく、赤ちゃんはもちろん、少し大きくなった子供や大人も楽しめる絵本です。

息子が赤ちゃんのときはゆっくり読んで、ページごとに「赤い○○がいるね。」等と話しかけていました。そのときは息子はただただ「何だろうこれは?」と言うように、興味深そうにじーっと眺めていました。

少し大きくなってくると、真っ黒の背景に白い線がくねくね曲がって描かれているページでは、一緒になぞってみたり、食べ物や虫、動物と色々と出てくるので、「これは何かな?」とか「ひとつだけ違う虫がいるけどどこかな?」とクイズ形式で読んであげ、楽しんでいました。

また、背景が赤で黒いアリさんが沢山列をなして『てくてくてくてく』と歩いてるページが出てきます。

そのページではいつも、人差し指と中指を足に見立てて動かしながら「てく、てく、てく、てくてくてくてくてく~!」と最初はゆっくり読んで、最後の方はアリさんが早足で歩いているように早く読み、そのまま絵本を飛び出して子供たちの肩や顔や頭、お腹に「てくてくてくてく~!」と歩いて行って遊ぶのもお勧めです。

子供たちは楽しいようで、声をあげて笑っていました。このようにして、私も一緒に楽しんでいました。

その他にも、色々と子供が楽しめるような工夫がされているので、読み方次第では沢山の楽しみ方が出来る絵本です。そして、赤、白、黒のはっきりとしたカラフルな色で絵が描かれていて、赤ちゃんにも認識しやすいように出来ています。また、ボードブックなので赤ちゃんが破いてしまう心配もありません。

 

生後3~4ヶ月以降の赤ちゃんにオススメ!

生後3~4ヶ月になってくると笑うようになってきて、人の輪郭もぼんやりと見えるようになってきます。

そして、新生児の頃は白黒にしか見えてなかった世界も、生後3~4ヶ月になってくると色の区別も最初は赤、次に黄色や緑とできるようになってきます。

そんなときに、この赤、黒、白のカラフルな絵が描かれたこの絵本はお勧めです。

 

「いっしょにあそぼ あかあかくろくろ」 作・絵 :柏原 晃夫(かっしー)

出版社:学研教育出版

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村