「くれよんのくろくん」~生き生きと動くクレヨン達が見ていて楽しい!~

絵本

皆さんのお子さんはお絵かきが好きですか?

我が子は娘は好きですが、息子は余り好きでは無いようで、画用紙を広げると、いつも私に「描いて!描いて!」と言ってきます。いつになったら、この「描いて!」が無くなるのか・・・と正直悩んでいました。そんなとき、この絵本に出会いました。

この絵本は息子も私も大好きな、なかやみわさんの作品で図書館で見かけました。
可愛らしい絵、表紙には箱から飛び出そうとしているクレヨン達。
いったいどんなお話なのかな?とわくわくして借りてみました。

 

スポンサーリンク

 

「くれよんのくろくん」のあらすじ

ある日、新品のクレヨンがありました。ずっと新品が嫌で最初に飛び出したのが黄色いクレヨンのきいろ君。少し走った先にあったのは真っ白な画用紙。思わずクルクルと絵を描き始めました。

次々に他のクレヨンたちが先に描いていたクレヨンに呼ばれ、皆で素敵な絵を描いていきます。しかし、黒いクレヨンくのくろ君だけは、せっかく描いた絵が汚れるからと仲間に入れてもらえません。そんなとき、シャープペンのお兄さんがやってきて励ましてくれます。

しばらくすると、画用紙は色々な色が重なって何だかグチャグチャで汚い絵になってしまいました。それを見たシャープペンのお兄さんがくろ君になにやらアドバイスをしています。

最後はくろ君とシャープペンのお兄さんが大活躍して・・・。

 

「くれよんのくろくん」の感想

クレヨンたちが生き生きと楽しそうに絵を描く姿が、見ていてとても楽しい気分にさせてくれました。

でも、くろ君だけ仲間はずれ・・・。悲しい気持ちになるのと同時に、どこかに黒色が活躍できそうな絵は描けないかな?と思わず色々と探してしまいました。

気づけば、我が息子もこの場面では悲しそうな表情をしていました。でも、そんなくろ君に、優しい言葉をかけてくれるシャープペンのお兄さんが現れた事に、少し安堵しました。

最後は、シャープペンのお兄さんのアドバイスでくろ君は大活躍!こんな方法もあったんだ!と絵を描くことに対して新しいアイディアをもらった瞬間でした。

早速、子供たちと小さい画用紙で真似してみました。
最初は上手くできるかな・・・っと少々心配でしたが、ちょうちょを描いて、次はお花・・・っと描いている姿もワクワクしていて目が輝いていました。

そして仕上げは・・・。

「うわ~!」と親子そろって大歓声!

本当に素敵な絵ができました!
これにはもう子供たちも大喜び!そんな姿を見ていて、私もとても嬉しくなりました。

 

この絵本はお絵かきが苦手な子にオススメ!

この絵本は、お絵かきが好きな子はもちろんのこと、お絵かきが苦手な子も絵を描く楽しさを教えてもらえます。

そして、余り絵を描くことが好きではない我が息子には物凄く効果がありました!
これを読んであげた後は「クレヨン出して!」「お絵かきする!」と自分から言ってきたのです!私は自分で絵を描いている息子の姿が嬉しくて、思わず写真を撮ってしまいました(笑)。

この絵本はクレヨンを出してきて、画用紙いっぱいにお絵かきしたくなる絵本です。
そして、最後に出てくる絵もきっと真似したくなると思いますよ。

 

「くれよんのくろくん」 作・絵 なかやみわ 出版社:童心社

 

絵本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まろんママをフォローする
ママと子供のHappy Life

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました