「しゅくだい」~優しい絵に癒される!~

この記事は2分で読めます

あなたは子供を構ってあげていますか?私には2人の子供がいますが、まだ幼い下の子の方が手がかかるので、上の子までしっかり構ってあげる余裕が無い状態です。
そんなときに、この絵本に出会いました。

表紙には手をあげた沢山の子供たちの笑顔。題名は『しゅくだい』

宿題って子供たちにとっては本当は嫌な物だと思うのに、何で絵本の表紙の子供たちの顔はこんなに嬉しそうなんだろう?と不思議に思ったのと、作者のいもとようこさんの、可愛らしく優しい絵に惹かれて読んでみたいと思いました。

 

スポンサーリンク

 

「しゅくだい」のあらすじ

ある日学校でヤギのめえこせんせいが宿題をだしました。その宿題はなんとお家の人に抱っこしてもらうこと。

それを聞いた子供達はちょっと恥ずかしがって照れたりしています。主人公のもぐらのもぐも同様です。でも、家に帰るときの顔は何だかとっても嬉しそう。

家に到着して早速お母さんに宿題の話をしようとしますが、お母さんは赤ちゃんのお世話でとても忙しそうです。なので、もぐは夕飯まで言い出せないままです。

ご飯を食べていると宿題の話になり、ようやくもぐは、今日出された宿題のことを伝えます。それを聞いたお母さん、お父さん、お婆ちゃんは、早速もぐをだっこします。

次の日、めえこせんせいが宿題をちゃんとやってきたか聞きます。

さて、もぐは何て答えたでしょか・・・?

 

「しゅくだい」の感想

絵本のタイトルが『しゅくだい』とあるので、どんな宿題なんだろう?と思っていましたが、答えは「だっこ」。何て素敵な宿題なんだろう!皆照れながらも何だか嬉しそうな様子に思わずにっこりしてしまいました。

読んでいて、赤ちゃんのお世話で忙しそうにしているお母さんに、なかなか宿題の事を言い出せないもぐ。お母さんを赤ちゃんにとられてちょっと不満顔のもぐ。そんなもぐの姿が息子の姿に重なりました。

そして、ようやく宿題の事を伝え、お母さんだけではなく、お父さん、お婆ちゃんにも抱っこをしてもらったときのもぐの幸せそうな顔!

まるで自分が子供を抱っこしたときの幸せな感覚がよみがえり、見ているだけでとても幸せな気持ちになりました。

この絵本を息子に読んであげている最中、息子はニコニコして何やら嬉しそうな顔をしていました。きっと、息子も抱っこが幸せなものと感じていたのでしょう。抱っこされたもぐを見て、幸せを分けてもらっていたのかもしれません。

この絵本を読み終えて、私自身が息子を抱っこをしてあげたくなり、早速ぎゅ~っと抱っこしてあげました。

 

この絵本は子供に余り構ってあげられないお母さんににオススメ!

とにかく忙しくて子供を構っている余裕がない・・・。そんなお母さんはいませんか?

そんなとき、抱っこをする。こんな簡単な事で子供はもちろん、お母さんも幸せな気持ちになれるという事を、この絵本はそっと教えてくれたように思います。

そして、作者いもとようこさんのほんわかした可愛らしい絵が、疲れた心を癒してくれるのでお勧めです。

 

「しゅくだい」 原案 宗正美子  文・絵 いもとようこ
出版社:岩崎書店

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村