「あー・あー」~表紙の笑顔が可愛い絵本!~

絵本

あなたは自分の子供に何をプレゼントしてもらったら嬉しいでしょうか?
私は絵本が大好きなので、絵本を貰うと本当に嬉しいです!

この絵本はお爺ちゃんお婆ちゃんが娘が0才の時にプレゼントしてくれました。そして、0歳の時から読み続けていて、2歳になった今でも娘のお気に入りの絵本です。

 

スポンサーリンク

 

「あー・あー」のあらすじ

表紙にはにっこり笑った赤ちゃんの絵が、絵本を開くと緑の背景に浮き立つように『めー・めー』ヤギさんが出てきます。

セリフの背景は白色で、セリフは黒色で大きく書かれていて、小さな子でも絵と文字を区別しやすく工夫されています。

次のページをめくると、『もー・もー』牛さん。
出てくるのは動物の鳴き声だけかな?と思いきや、ページを進めていくと・・・。
『ふー・ふー』と熱い食べ物を冷ます音。
『ざー・ざー』と雨が降っている音。

このように、沢山の音とセリフが出てきます。

 

「あー・あー」の感想

この絵本は、娘がまだ言葉が出ていない0歳の時から『めー・めー』「ヤギさんだね。」『もー・もー』「牛さんだね。」と指さしながら何度も何度も読み聞かせていました。
2歳になった現在も言葉は少し出てきたものの、言葉の発達面では遅れていました。

そんなある日、娘が一人で絵本を指さしながら「めー・めー」「もー・もー」と言っているではありませんか!私はもうびっくりして、絵本を手に取り「これは何?」と絵を指さしながら聞いてみたところ、全てのページの「セリフ」を言えるようになっていたのです!

しかも、湯気が立って熱いご飯を『ふー・ふー』と吹くページがあり、私はその『ふー・ふー』を本当に熱いご飯を「ふー・ふー」冷ますように読んでいたのですが、娘も私と全く同じよう「ふー・ふー」と言っていたのには驚きでした。娘も私の喜びが伝わったのか、とても嬉しそうに笑っていました。

傍から見るとまるで、「ヘレン・ケラー」のサリヴァン先生とヘレンのクライマックスのシーンのようです(笑)。

もうあの時の喜びは一生忘れられません!
こんなに小さい子でも、読んであげた言葉をそのまましっかりと覚えていることに感動しました。

そして改めて、絵本の威力は素晴らしいなと思いました。
この絵本は私と娘の宝物のような絵本です。

 

この絵本は赤ちゃんのプレゼントにおススメ!

この絵本は『あー・あー』『めー・めー』等、のばしたセリフがふたつ繰り返されていて、
そのリズムが耳に残りとても覚えやすいと思います。沢山繰り返し読んであげることで、言葉にはすぐには出てこないかもしれませんが、脳にはきちんとインプットされているはずです。

『じー・じー』お爺ちゃん、『ばー・ばー』お婆ちゃんも出てくるので、お孫さんに早く自分の名前を言って欲しいお爺ちゃんお婆ちゃんが、プレゼントとして贈るのにも最適な絵本だと思います。

 

「あー・あー」    作・絵 三浦太郎  出版社:童心社

絵本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まろんママをフォローする
ママと子供のHappy Life

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました