放生会2019の時間やおはじきの販売は?気になる詳細をチェック!

福岡でお出かけ

こんにちは。まろんママです^^

もう少しすると、九州随一の秋祭り「筥崎宮の放生会」が開催されますね。

福岡で行われる「筥崎宮放生会」は、「博多どんたく」、「博多祇園山笠」と並んで博多三大祭りのひとつで有名なお祭りです。

そこで、今回は放生会の読み方や意味放生会の日程や時間神輿行列おはじきやチャンポンの販売屋台や交通アクセスの詳細をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

放生会の読み方や意味は?

突然ですが、放生会ってどう読むかご存知ですか?

正解は・・・、

 

ほうじょうえ

 

です。

しかし、地元福岡の人達は、

 

ほうじょうや

 

っとも呼んでいます。

 

放生会の歴史は長く、1000年以上も続いているといわれています。

全ての生き物の霊を慈しみ生き物の無駄な殺生を戒め秋の五穀豊穣を感謝するお祭です。

放生という意味には、捕獲した生き物を、生きたまま野に話すという意味があります。

開催中は、鯉や鳩を放生したり、御霊祭り(みたままつり)といって、殺生してしまった生き物や、家の亡くなったペットの御霊等に、感謝を捧げたりする行事も行われています。

 

放生会2019の日程や時間は?

それでは、日程と時間をしっかりとチェックして、行ってみたけどやってなかった~!

何てことにならないようにしておきましょう。

日程と時間

 

【開催日】

9月12日(木)~9月18日(水)

 

【開催時間】

9時頃~21時頃まで

 

放生会は毎年7日間行われるお祭りです。

その間の来場者数は、

 

100万人!

 

と言われています。

今年は16日(月)が敬老の日で祝日なので三連休となり、さらなる混雑が予想されます。

 

スポンサーリンク

 

放生会の屋台の営業時間は?

放生会といえば、様々な行事はもちろんですが、美味しい&楽しい屋台も楽しみしている方も多いと思います。

そこで、放生会の屋台の営業時間もチェックしていきましょう!

屋台の営業時間

【営業時間】

10時頃~21時頃まで

 

神社の行事が夜9時頃までなので、それを過ぎると閉店してくる屋台も増えてきます。

神社周辺の屋台は、夜遅く23時頃まで空いているところもあるようです。

 

放生会の御神輿行列の時間や詳細

2年に一度、西暦の奇数年にあたる年に行われる御神輿行列。

別名御幸行(ごじんこう)とも呼ばれ、福岡市無形民俗文化財にも登録されています。

清道旗と呼ばれる浄められた旗を先頭に、お神輿と氏子さんが筥崎宮から出発し、時間をかけて博多の街を歩きます。

 

今年2019年は奇数年なので、この御神輿行列を見る事ができます♪

御神輿行列が気になる方は、下記の動画でチェックしてみて下さいね。

御下り

 

【日時】

9月12日 18時~22時

 

筥崎宮を出発した御幸行が、約4時間かけて九州大学病院前、JR吉塚駅前、箱崎小学校前等を回り、22時に頓宮に到着します。

 

御上り

【日時】

9月14日 19時~20時

 

御下りのコースを逆へ進みます。

約1時間かけて筥崎宮へ戻ります。

御上りの見どころは、最後の数百メートルになると、御神輿や太鼓等を持ったまま、全力で走り始めます。

とても勢いがあるので、思わず見入ってしまいますよ♪

2年に1度しか見ることが出来ないので、是非奇数年には拝見したい行事ですね。

 

 

放生会の限定おはじき販売中止

筥崎宮の放生会で有名な物は、博多人形の職人さんが作っている、年ごとに絵柄が変わる限定のおはじきです。

放生会の期間中、数量限定で売り出されますが、販売と同時に売り切れてしまう程、大人気商品です。

しかし、一昨年の2017年から下記理由で販売が中止となってしまいました。

おはじきの販売が中止になった理由

 

●おはじきを求めて徹夜して並ぶ人が多く、近隣住人の人達から苦情が来た

 

●おはじきを作る博多人形の職人さんの高齢化で、沢山作ることが困難になった。

 

●ネットオークションなどで、転売目的で購入する人が現れた。

 

毎年コレクションのように集めて、楽しみにしていた方も多いと思います。

放生会限定のおはじきの販売は無くなりましたが、今は、筥崎宮である程度おはじきの数が揃ったら販売さる事になっているようです。

気になる方は、筥崎宮のHPをチェックしてみて下さいね。

筥崎宮HP

今は絵柄は変わっているかもしれませんが、かれこれ7年前に購入した通年販売されているおはじきです。

このおはじきもとっても可愛いですよ♪

 

 

スポンサーリンク

 

放生会限定のチャンポン

放生会で人気の商品といえば、おはじきもそうですが、チャンポンも人気です。

チャンポンと聞くと、長崎で有名なあの食べるチャンポン麺を浮かべる人も多いと思いますが、

 

違いますよ~~!

 

吹いて音を鳴らす楽器のようなもので、ビードロで出来ています。

吹いたときの音色が「チャンポン~」っと聞こえたことから、チャンポンという名前になったそうです。

 

巫女さんが一つ一つ手作業で絵付けをしています。

価格は3000~9000円程です。

 

実は私、このチャンポンをかれこれ7年前ほどに購入しました。

今はわかりませんが、色や柄は選べず、箱に入ったものを渡されました。

で、さっそく家で吹いてみたのですが・・・

 

チャンポン・・・♪

 

????

 

っとは聞こえませんでしたが、ペンペンと音がしました。

良い音色かは個人の感覚になってしまいますので、何とも言えません^^;

飾っておくに分には可愛いので、今では素敵なインテリアとなっています。

ただ、ビードロで繊細なので、取り扱いには注意して下さいね。

 

こちらのチャンポンも人気の商品で今では前日から並んで、販売と同時に売り切れてしまうようです。

気になる方は、早めに行ってゲットしてくださいね。

 

放生会の屋台の詳細は?

放生会では筥崎宮一帯に約500軒の屋台が出店しています。

 

露店の内容

●筥崎宮名物の社日餅(やきもち)

●新生姜

●ちょこバナナ

●ヨーヨー釣り

●お化け屋敷

●見世物小屋

●金魚・かに・うなぎすくい

●射的

等々・・・。

筥崎宮名物の社日餅は、大宰府天満宮で売っている梅ヶ枝餅と見た目同じです。

そして、なぜ露店に新生姜が?っと思うかもしれません。

それは、昔筥崎宮周辺では新生姜の栽培が盛んだったため、この時期に採れる新生姜を売っていた名残のようです。

すくい系も、金魚すくいだけでなく、カニ、うなぎと、色々とあるのも放生会の面白いところです。

昨年子供たちと出かけたときは、子供の希望でチョコバナナを食べました♪

お化け屋敷は数年前に入ったことがあるのですが、個人的には余り怖くなく、あっという間に出口にたどり着きました。

今は違うかもしれないので、是非皆さん楽しんでくださいね!

 

筥崎宮へのアクセス

それでは次に、放生会が行われる筥崎宮へのアクセスをご紹介します。

【住所】

〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎1丁目22−1

 

車で行く場合

放生会の期間中は宮前の駐車場はもちろんですが、特別駐車場が設置されます。

場所は、国道3号線の海側に2ヵ所です。

会場・駐車場のご案内

混雑が予想されるので、早めに行って駐車場を確保して下さいね。

10分程歩きますが、国道3号線沿いに博多ゆめタウンがあります。

そこに停めて放生会へいき、帰りにゆめタウンでお買い物をして帰っても良いですね。

 

電車で行く場合

青の電車のマークをクリックすると、駅名が出てきます。

【福岡市営地下鉄】

箱崎宮前駅下車(1番出口)→徒歩3分

【JR鹿児島本線】

箱崎駅下車→徒歩8分

 

バスで行く場合

ピンクのバスのマークをクリック&タッチするとバス停名が出てきます。

【西鉄バス】

箱崎下車→徒歩3分

【JR九州バス】

箱崎1丁目下車→徒歩2分

 

個人的には、近隣の駐車場は混むので、交通機関の利用をオススメします。

 

放生会2018 時間やその他気になる詳細のまとめ

いかがでしたか?

毎年筥崎宮で行われる九州随一の秋のお祭りの放生会。

今年の日時は以下の通りです。

9月12日(木)~9月18日(水)

9時頃~21時頃まで

また、屋台は10時~21時頃までです。

今年奇数年で御神輿行列があるので、前年より一層楽しめる事と思います♪

その外にも、楽しい沢山の屋台と、チャンポンの販売がありますので、是非今年の放生会を楽しんでくださいね^^

 

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました