赤ちゃんにおすすめの絵本「くっついた」はくっついている姿が可愛い!

この記事は2分で読めます

あなたはこの絵本『くっついた』を知っていますか?
私はこの絵本の存在を全く知りませんでした。

この絵本に出会ったきっかけは、お爺ちゃんお婆ちゃんが息子が0歳のときにプレゼントしてくれたからです。

そして、今では息子も娘も主人も私も家族全員が大好きな絵本です。

 

スポンサーリンク

 

「くっついた」あらすじ

表紙には、お母さんと子供のほっぺたがくっついている絵があります。
背景も一色で、色もカラフルで赤ちゃんが認識しやすいように工夫されています。

1ページ目には、丸い水槽の中に2匹の真っ赤な金魚が描かれています。
ページをめくると真っ赤な可愛らしい金魚が2匹、見開きいっぱいに大きく描かれていて、
『きんぎょさんと』『きんぎょさんと』と大きな文字でセリフがあります。
次のページで『くっついた』と見開きの真ん中で2匹の金魚の口がくっついています。

このようにして、あひるさんとあひるさん、ぞうさんとぞうさん、おさるさんとおさるさん・・・と、色々な生き物がくっついていきます。

 

「くっついた」感想

この本はくっつくことの喜び、楽しさ、安心感を、
まだ小さい赤ちゃんにも自然に教えてくれる絵本です。

この絵本は子供達が0歳の時から何度も読んでいるお気に入りの絵本です。
私は、いつも膝の上に子供をのせて読んでいます。

そして、最後の『おかあさんとわたしが』のセリフのところを、
「おかあさんと○○ちゃんが」と子供の名前に変えてほっぺたをくっついています。
すると、子供達は「キャッキャ!」と嬉しそうな声をだして大喜びです

私も子供とほっぺたをくっつけることで、体全体で感じ取れる子供の体温にとても幸せな気持ちになります。

この絵本にはお父さんも出てくるので、赤ちゃんとの遊びに慣れていないお父さんも、ぜひ一緒に、赤ちゃんのほっぺに「くっついた!」と言って、くっついてみて下さい。

きっと、赤ちゃんは声を出してニコニコ笑顔になる事と思います!
我が子で実験済みです(笑)!
そして、その笑顔に癒されて赤ちゃんから頑張るパワーをもらえると思いますよ。

大きくなったら、ほっぺとほっぺをくっつけるなんてなかなか出来ない事なので、
今のうちに沢山くっついて、子供を笑顔にさせるのと同時に、私も子供からパワーを沢山もらいたいと思っています!

 

この絵本は笑うようになった赤ちゃんにオススメ!

生まれたての赤ちゃんは、夜泣きに、不規則な授乳。
全てが赤ちゃんのペースで、お母さんは何だかもうへとへと・・・。
そんな経験、子供を持つ親なら誰でもあるかと思います。

でも、3ヶ月くらいからようやく笑ってくれるようになったとき、
この絵本を読んで赤ちゃんと触れ合って、赤ちゃんの笑顔に癒されてみて下さいね。

 

くっついた  作・絵:三浦太郎 出版社:こぐま社

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村