「ママがおばけになっちゃった」~ママとの会話が切ない!~

絵本

皆さんは子供の相手をしていて疲れたな・・・と、思う時はありませんか?私は多々あります(笑)!そんなとき、この絵本を本屋さんで見かけました。

絵がとても可愛いかったのと、ママがおばけになっちゃった』というインパクトのあるタイトルに惹かれて立ち読みしました。ちょっとだけ読もうと思っていたのについつい読み進めてしまい、途中、涙をこらえるのに必至でした。そして、家でもう一度ゆっくり読んでみたいな、と思ったのと同時に、子供たちにも読んであげたいと思い購入しました。

 

「ママがおばけになっちゃった」のあらすじ

ある日、ママは車にぶつかっておばけになってしまいました。

こうなると、4才の息子のかんたろうの事がきがかりで、かんたろうに会いに行きます。ママがいなくなったばかりで悲しむかんたろうとお婆ちゃんが、色々と話をしていました。

その日の夜、ママはかんたろうの前に現れ沢山話をします。しかし、かんたろうはとうとう我慢できなくなって、『なんでしんだんだよ ぼくどうすればいいの?うわあああ!』と大泣きしてしまいます。すると、ママも泣くのを我慢できなくなって一緒に大泣きし、お互いの気持ちを伝えあいます。

最後は、ママがかんたろうが大好きな事、かんたろうと一緒に過ごせて幸せだった事を涙ながらに伝え、去っていきます。

その後、かんたろうは・・・?

 

「ママがおばけになっちゃった」の感想

1ページ目には『あたししんじゃったの?』と、この「死ぬ」という言葉に
「子供にこんなこと教えて大丈夫かな?」と少し心配しました。

しかし、次のページからは可愛い絵に加え、かんたろうと御婆ちゃん、そして見えないおばけになったママとのやりとりが、面白ろおかしく描かれていて、「死」に対して暗いイメージではなく、明るいイメージで、すぐに安心しました。

この絵本の終盤は、涙無しには読めませんでした。
4歳の息子も少し涙目になっていました。

今、生きていて子供に色々としてしてあげて、言葉で色んなことを伝えられる。そして、間近で子供の成長を見ていられる。

そんな当たり前の事が本当に幸せだと、改めて実感させられしました。

この絵本を4歳の息子に読んであげている最中、息子は少し涙目になって手で涙を拭いていました。息子はたまに「ママ嫌い!」と言うことがあったのですが、読み終わって、「ママ嫌い?」と聞いてみたところ、「ううん、ママ好き!」と答えてくれました。

この絵本を通して、改めてお互いの大切さ、生きて傍にいてくれる感謝の気持ちに、親子で気付く事が出来きたと思います。そして、いなくなってしまってからは何もしてあげられないので、生きているうちに悔いのないように、沢山の愛情を注いでいこう!と思いました。

 

育児に少しお疲れ気味のお母さんにオススメ!

子供といつも一緒にいると、子供に色々としてあげることが当たり前だと思ってしまいがちです。時には、「面倒くさいな~」と思ってしまうこともあるかもしれません。でも「もし、今自分がいなくなったら?」と考えてみて下さい。

母親なら誰でも子供の事が一番気がかりなのではないでしょうか?
この絵本は子供と一緒に暮らせる事の大切さに気付かせてくれ、母親として頑張るパワーを貰える絵本です。

 

「ママがおばけになっちゃった」 作:のぶみ  出版社:講談社

絵本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まろんママをフォローする
ママと子供のHappy Life

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました