折り紙で箱の作り方。簡単に節分の豆入れを作ったよ♪

折り紙 節分

こんにちは。まろんママです^^

もう少しで「節分」ですね!

節分と言えば、

「おには~そと!ふくは~うち!」

の豆まきを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

そう、鬼退治に必要なものは

また、年の数だけ豆を食べるのも有名な話ですね。

何故年の数だけ豆を食べるかというと、

「次の年も健康で幸せに過ごせるように」と豆を食べるのだそうです。

今回は、節分の豆まきや豆を食べるときの容器となる箱の折り方をご紹介します。

簡単に作れるので、お子さんと一緒に作ってみてくださいね^^

 

★その他箱の折り方はこちら★

折り紙で箱の作り方。簡単でかわいい入れ物の折り方17選

★節分の鬼の作り方はこちら★

折り紙で節分の鬼を簡単に作ってみよう!角が1本と2本の折り方。

 

スポンサーリンク

 

折り紙で箱を作った完成写真

それではまず最初に、折り紙で節分の箱を作った完成写真をご覧下さい。

通常の折り紙15㎝×15㎝の大きさで、節分の豆はもちろん、小さめの子供用のヘアゴム等入れるのに、ちょうど良い大きさの箱です♪

今回はシンプルに、無地の折り紙を使用しましたが、両面色付きの折り紙や、柄付きの折り紙で折ると、もっと可愛らしくなりますよ^^

 

★その他箱の折り方はこちら★

折り紙で箱の作り方。簡単でかわいい入れ物の折り方17選

★節分の鬼の作り方はこちら★

折り紙で節分の鬼を簡単に作ってみよう!角が1本と2本の折り方。

スポンサーリンク

 

折り紙で箱を作るのに必要な物

それでは次に、折り紙で箱を折るのに必要な物を準備していきましょう。

【必要な物】

折り紙 1枚

 

たった、これだけです!

折り紙は無地はもちろん、両面色付きや柄付きの折り紙も100均で購入できますよ♪

是非、子供さんと一緒にお好みの色、柄の折り紙を選んでみて下さいね^^

 

折り紙で箱の作り方

1、三角を作ります。

 

2、もう一度折り、小さい三角をつくります。

 

3、片側を開いて袋にしてつぶします。

 

4、ひっくり返して、反対側も同じように開き袋にしてつぶします。

 

5、左右の角を中心線に合わせて折ります。

 

6、開いて潰します。

 

7、裏返して、反対側も同じように開いて潰します。

 

8、このようにパタッと閉じて、面を変えます。

 

9、左右の出っ張ている角を内側の中心線に合わせて折ります。

 

10、裏返して反対側も同じように、中心線に合わせて折ります。

 

11、下半分の尖った部分を上に折ります。

 

12、同じように、尖っている部分4カ所全て上に折ります。

 

13、最後に、中側の袋になっている部分を、指でゆっくり丁寧に広げて、形を整えたら完成です♪

最後の広げるところで力を入れすぎると、壊れてしまうので優しく開いてくださいね。

 

折り紙で箱の作り方のまとめ

いかがでしたか?

見た目よりも簡単に作ることができたと思います^^

折り紙で作ると、小さい子供に丁度良い大きさの可愛い豆入れになります♪

節分の豆入れはもちろんですが、ヘアアクセサリー等の小物入れにもオススメです。

また、

 

もっと大きな豆入れが欲しい!

 

っという場合は、画用紙新聞紙を正方形にして作ってみて下さい。

豆がいっぱい入るので、豆まきが沢山出来そうですね♪

家族でで沢山豆をまいて、賑やかな節分になりますように^^

 

★節分の鬼の作り方はこちら★

折り紙で節分の鬼を簡単に作ってみよう!角が1本と2本の折り方。

★その他箱の折り方はこちら★

折り紙で箱の作り方。簡単でかわいい入れ物の折り方17選

 

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました