足の指が痛くて痒い、それってしもやけ?症状や治し方8選(写真あり)

健康管理

こんにちは。まろんママです^^

冬になって寒くなると、正直外に出るのが億劫になってきますね。

しかし、元気な子供を持つママにとってそれは許されない事です(^^;

外が寒くても公園遊びに付き合い、寒空の下1時間以上・・・なんて経験ありませんか?

そして、気づけば何だか足の指が痛痒い!

もしかしてしもやけ?

っと思うことも・・・。

そう、まさしく私、しもやけになってしまいました(涙)。

なので、今回はしもやけを撃退すべくしもやけとは?しもやけの症状、勇気を出して私のしもやけの画像しもやけの治し方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

しもやけとは?

しもやけは寒くなり血行が悪くなると生じる炎症のことです。

主に、手足にできることが多いですが、耳や鼻等、体の末端にできることもあります。

 

しもやけの症状は?

寒くなってくると、体の末端の血流が悪くなり、皮膚が赤紫色になり腫れあがることがあります。それがしもやけの特徴です。

特に、お風呂に入って温まったとき等に痒くなります。逆に、寒いときは痒さは引き痛みが出てくることもあります。

また、手先や耳たぶや鼻の頭等、外気に触れている部分や足の指等、靴を履いて群れやすい部分にもしもやけができやすくなります。

私の場合は、両足の親指と小指以外の指がすべてしもやけになってしまいました。

普段過ごす分には支障はないのですが、お風呂に入って温まったときに、ものすごく痒くなります!

しかし、ここでかきむしってしまうと皮膚にも良くないので、とにかく我慢です。

 

しもやけの写真

では、実際にしもやけになった足の指はどんなふうなの?と思うことでしょう。

文章で書くより、見るが早い!百閒は一見にしかず!ということで勇気を出して、しもやけに侵された私の足の写真をUPします。

(余り綺麗なものではないので見たくない人はスルーして下さい)

 

見た目は赤紫を通り越して足の指の節々が黒ずんでいます。日中も靴下を履いていても足の指は冷たく、腫れているようで少し動かしにくいです(涙)。

 

スポンサーリンク

 

しもやけの治し方

それでは、できてしまったしもやけはどのように治したらよいのでしょうか?

しもやけは血行不良から生じるので、まずは末端の血流を改善することが重要です。

なので、実際に私が実践しているしもやけに良いとされている事を8つご紹介します。

●ビタミンEを摂取する

●体を冷やさない

●家の中でスリッパを履く

●つま先が窮屈な靴を履かない

●湯船にしっかりつかる

●体についた水分はしっかりと拭き取る

●寝るときは湯たんぽ等で足を温める

●意識して運動する

それではひとつひとつご紹介します。

ビタミンEを摂取する

ビタミンEは末端の毛細血管を拡張して血流を良くするので、ビタミンEが多く含まれるアーモンドや大豆などの豆製品、植物性の油をとると良いそうです。

ビタミンEの吸収を良くするために、同時にβカロテンやビタミンCが多く含まれる緑黄色野菜も摂取するとこともお勧めです。

参考元:ヒフノコトサイト

体を冷やさない

これは基本中の基本ですね。寒い外へ出るときはしもやけが出来る耳は帽子等でしっかりと隠し、首元はマフらーやタートルネックを着て隠す。そして、手には手袋をはめる。

鼻はマスクで覆う。マスクをすると、冷たい空気が直接鼻から入ってこないので冷え対策には特にはお勧めです!

とにかく寒くない格好をして体全体をを冷やさないことが重要です。

家の中でスリッパを履く

家の中では靴下を履くのはもちろん(五本指の靴下なら尚可)、スリッパも履いて過ごしましょう。とにかく冷えやすい足先を冷やさないことが重要です。

つま先が窮屈な靴を履かない

つま先が窮屈な靴を履いていると、つま先の血流が悪くなってしまいます。

なので、できるだけつまさきが窮屈な靴は避けましょう。

湯船にしっかりとつかる

湯船につかることで血流が良くなり、手足の先までしっかりと温まります。ただ、しもやけ部分が痒くなりますが、ここはぐっと我慢です。

体についた水分はしっかりと拭き取る

家事や炊事やお風呂上がり、スポーツして汗をかいた後など、体に水分が付いたままだと、水分が蒸発するときに体温を奪ってしまい冷えにつながります。

なので、家事や料理で水仕事をするときはゴム手袋をはめ、お風呂上りは足の指の間もしっかりと拭き取っています。

寝るときは湯たんぽ等で足を温める

寝るときは意識して足を動かせないので、湯たんぽ等で足を温めて、血流を良くしてあげましょう。

意識して運動する

寒いと外に出るのが本当に億劫になってしまいます。ですが、動かないと血流が悪くなってしまいますね。

なので、家の中で床掃除でも、ダンスでも、とにかく動きましょう!

私の場合は、子供と一緒に外へ行ったら、ぼけっと見ているだけではなく、子供と一緒に動き回っています。

特に足先を意識して動かすようにしています。

そして、家の中でPCしているときは、足に湯たんぽを置いて、その上で足を上下に動かしたり、足先を動かしています。

そして、カーヴィーダンスを久し振りにしたり(笑)と、とにかく意識して体を動かすように心がけています。

運動すると、体もポッカポカになるし、すっきりするので一石二鳥です^^

 

まとめ

しもやけにはこまめな対策が必要です。

寒さは変えることはできませんが、日々の生活の中で出来る限りの事をして、対策をしていきましょう。

ただ、しもやけが痒かったり、痛かったりしてどうしょうもなくて、生活に支障をきたす場合は、早めに皮膚科へ行くことをお勧めします。

現在しもやけに悩まされている人が早く治りますように・・・。

健康管理
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まろんママをフォローする
ママと子供のHappy Life

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました