喉の痛みや咳が続く!病院へ行かず喉や長引く咳を治した食べ物は?

この記事は3分で読めます

こんにちは。まろんママです^^

11月になると、朝晩の気温差が激しく、空気も乾燥してきて、風邪をひいている方も多いのではないでしょうか?

私も今年10月下旬から11月にかけてひどい咳が出る風邪をひいてしまいました。

そこで今回は、私が病院へ行かず、喉の痛みと、長引く咳を治した効果的な食べ物をご紹介します。

スポンサーリンク

 

喉に良い食べ物

喉に良いと言われている食べ物はいくつかありますが、その中で今回は梅干しれんこんはちみつ大根、を使ったレシピをご紹介します。

梅しょうゆ

梅干しには、疲労回復抵抗力・免疫力の強化殺菌効果胃腸の粘膜の保護・修復、等々、沢山の効能があります。

特に、梅雨時や夏場のお弁当に梅干しを入れると、殺菌効果があって良いと言われていますね。

しかし、梅干しは子供には酸っぱいですね。そして沢山食べると塩分が気になるところです。

そこで、今回は我が子も大好きな「梅しょうゆ」をご紹介します。

梅しょうゆの作り方

【材料】

梅   10粒

醤油  大さじ2

みりん 大さじ2

はちみつ 小さじ1

【作り方】

1、保存する瓶を煮沸消毒又はアルコール等で消毒します。

2、梅干しの種をとります。

3、フードプロセッサーに種を取った梅干しと、全ての材料を入れて滑らかになるまで良く混ぜる。

4、1であらかじめ消毒した瓶に詰めて完成!

この分量で、約200mlのビンで足ります。
今回は、梅紫蘇も入れているので、ちょっと色が濃いです。梅を漬けて、梅紫蘇をどう消費しようか悩んでいる人は、梅と一緒に入れてしまうこともお勧めですよ。

とにかく、とっても簡単に作れます!

作った後は冷蔵庫で保存して早めに食べてください。

これ、我が家で毎日、御飯に適量付けて食べています。御飯以外にも、納豆やキュウリにも合います。

梅干をそのまま食べるよりも、食感も滑らかで、味もまろやかなので、2歳の娘もおにぎりに付けて毎朝食べています。

甘めが好きな方は、はちみつを多めに入れて、自分好みの味になるように色々とアレンジしてみて下さい^^

スポンサーリンク

 

れんこんのスープ

れんこんにはタンニンという成分が含まれていて、このタンニンには、喉の炎症を鎮める消炎作用作用や、炎症を起こした血管を縮める収れん作用があるそうです。

また、れんこんにはビタミンも沢山含まれていて、レンコンはでんぷん質が多いことから、加熱してもビタミンCが壊れにくいので、炒め物や煮物にしても、ビタミンの損失が少ないのが特徴です。

特に、のどが痛いときは摩り下ろして、トロトロにして飲むと効果がアップするようです。

風邪を引いてしまったときは勿論の事、風邪の予防にも積極的に食べたい食材ですね。

【材料】

れんこん 150g

家にある野菜色々 適量

ニンニクすりおろし 小さじ1/2

しょうがすりおろし 小さじ1/2

水  400cc

醤油 大さじ1

塩麹 大さじ1(無ければ塩や味噌で代用)

 

【作り方】

1、れんこんをすりおろす。

2、鍋に醤油・塩麹以外の全ての材料を入れて煮込む。(人参等、硬い野菜はあらかじめ先に煮込んでおく)

3、野菜が柔らかくなったら、最後に醤油と塩麹を入れて、味を整える。

れんこんはすりおろすのが結構大変なので、フードプロセッサー等で行うと早く、楽にできます。

薄味に仕上がっているので、塩かげんはお好みで変えてみてください。

今回は、れんこんは勿論、大根、人参、白菜、玉ねぎを入れて作りました。

お家に残った野菜で、色々とアレンジしてみて下さい。喉に優しいトロットロのスープが出来ますよ^^

 

はちみつ大根

はちみつ大根といえば、今では喉の痛みや咳には効果的な食べ物で有名ですね。

はちみには殺菌作用があり、喉の炎症を抑えてくれます。

また、大根にはビタミンCやアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼと言った、体に良い酵素が含まれています。

それらを摂取することでのどの粘膜が強化され、炎症を鎮静し、咳を抑えてくれる効果があるようです。

【材料】

大根 200g

はちみつ 大さじ2

【作り方】

1、大根は皮ごと約1㎝角に切り、保存用の蓋つきのタッパーに入れる(後から汁が出てくるので、大きめのタッパーがお勧めです)

2、はちみつをかけ、よく混ぜて冷蔵庫で1日置く。

3時間後、汁が結構出てきています。

1日経つと、汁がもっと出てきて、大根がしなしなになっています。汁が沢山出て、大根がしなしなになったら大根を取り出します。

大根のビタミンや酵素がはちみつ汁に溶け込んでいます。

スプーンですくって2~3杯を3回くらいに分けて飲みます。また、人肌位のぬるめのお湯に溶かして飲むのもお勧めです。お湯が余り熱いと、せっかくの酵素が壊れてしまうので、ぬるめのお湯がお勧めです。

我が子もはちみつ大根は大好きで、良く飲みます。喉の風邪をひいてしまったお子さんには、簡単に作れるし、甘くて飲みやすいのでお勧めです^^

また、はちみつに漬けた大根は、そのまま食べても良いです。

我が家では冷凍しといて、かぼちゃのスープを作るときに一緒にいれています。

かぼちゃのスープのレシピはこちら↓

野菜嫌いな子にお勧め!子供が良く食べるかぼちゃのスープのレシピをご紹介。

 

その他心がけると良い事

風邪が流行する季節は、基本中の基本ですが、外から帰ったら、手洗いうがいが何よりです。

手も流水でちょっと洗うだけではなく、ハンドソープを付けなくても60秒洗うと、手に付いた雑菌の70パーセントは落ちるそうです。

逆に30秒くらいだと、爪の中にいる雑菌が手の表面に出てきてしまって逆効果だと、以前TVで見たことがあります。

外出先で手を洗うときに、ハンドソープが無い場合は、流水でしっかりと60秒以上洗うと良いですね。(子供にとっては、結構長いですけどね(^^;))

後は、外出時のマスクの着用に加え、十分な栄養と睡眠が何よりも大切です。

 

まとめ

喉の痛みにしつこい咳・・・、咳込むと体が痛くなるし、まともにしゃべれないし、本当に嫌になります。

病院へ行って薬をもらって直ぐに効くならまだしも、咳風邪って私の経験上結構しつこいです。

薬を飲んでもなかなか治らない、現在妊娠中で薬は余り飲みたくない、病院へ行く時間が無い、私のように子供を連れて病院へ行くのが億劫等々・・・。

そのような人は是非一度試してみて下さい。

私は、 いつも咳風邪をひいたら2~3週間治るのにかかっていましたが、今年はこれらの方法で病院へ行かずに、喉の痛みは1日で、しつこい咳は1週間で治しました。(治る期間、効果には個人差があります)

現在、風邪をひいている人が、少しでも早く治りますように・・・。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村