安くて簡単!卓上のクリスマスツリーの作り方。子供と一緒に手作りしたよ♪

この記事は2分で読めます

こんにちは。まろんママです^^

あと少しでクリスマスですね。

クリスマス前は至るところにクリスマスツリーやイルミネーション等が飾られていて、大人になってもワクワクします♪

そんな我が家には、リースはあるものの、クリスマスツリーが無いので、子供と一緒に簡単に作れる卓上のクリスマスツリーを作ってみました。

主に家にあるもので、安くて簡単に作れないかな?と考え、所要時間約1時間で思った以上に簡単に作れたので、今回は、このクリスマスツリーの作り方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

用意するもの

クリスマスツリーを作るのに必要なものは、家にあるものや100均で用意できます。

●大きめの厚紙(お菓子の空き箱等)

●大きめのフェルト

●ボンド

●ビーズ

●リボン

●ワイヤー

●セロハンテープ

●ハサミ

今回100均で購入したのはフェルトとボンドです。後は事前に家にあるもので作りました。

スポンサーリンク

 

クリスマスツリーの作り方

今回は高さ15㎝のクリスマスツリーを作ります。(厚紙が足りない場合は高さを調節して下さい)

1、厚紙を半径15㎝の円に切りフェルトの上にのせ、フェルトは厚紙より少しだけ余裕をもって大きめの円に切ります。

2、厚紙を丁度中心から45度位切ります。

3、くるくる回して、好きな大きさのところでテープでとめて固定します。

4、フェルトの中心をとがってるてっぺんに合わせます。

5、フェルトが厚紙にぴったり合うように巻き、余った部分を約1㎝余裕を持たせて切ります。

6、ボンドで厚紙とフェルトをくっつけて固定します。

7、5で切った、余ったフェルトでもう一つクリスマスツリーを作ります。今度はフェルトを厚紙の上にのせ型をとって切ります。

8、後は先程と同じように、厚紙をくるくる巻いて好きな大きさに調節してテープでとめ、フェルトを巻いてボンドで固定します。

9、ボンドでビーズをくっつけます。そして、ワイヤーが付いたリボンを作り、てっぺんに差し込んだら完成!

リボンはお好みで色々なリボンを作ってください。リボンの中心分部にワイヤーを巻きつけて、てっぺんに少しできた隙間にさすだけです。

大きさが違うので、小さい方を上に重ねても楽しめます。

最初の土台と、最後にくっつけるリボンは大人が作ってあげ、ビーズをボンドでくっつけるところは、子供と一緒に行います。子供も楽しんで参加してくれました。

ビーズをくっつけるときは、ボンドをいらない厚紙の上に多めに出し、ビーズにはボンドを多めにくっつけるとくっつきやすいです。

余り大きな丸いビーズだとくっつきにくいです。

スパンコールだと平らなのでくっつきやすいですよ^^

注意:手が汚れること必須なので、お手拭きを近くに置いておくことをお勧めします。

 

まとめ

最後の飾りつけは手が汚れることは必須ですが、安くて簡単にできます^^

今回はオーソドックスな緑のクリスマスツリーを作ってみましたが、白のフェルトにするとホワイトクリスマスみたいになって、ビーズの色や形も生えてまた違った印象になると思います。

ビーズの大きさや色、形、てっぺんのリボンを星に変えたりと、色々とアレンジも出来るので、世界にたった一つの子供と一緒に作ったクリスマスツリーを飾ってみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村