ドラマ、コウノドリ続編の第3話感想!ネタバレあり。泣けた・・・。

ドラマ

コウノドリ続編の第3話は「無痛分娩」と「産後うつ」のお話しでした。

とにかく、四宮先生がかっこよかったです!主役はサクラだけど、今回の主役は四宮先生?!と思ってしまうほどでした。

それでは、第3話のあらすじ、感想、次回予告をご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

コウノドリのあらすじ

サクラの外来を受診した妊婦山崎麗子(川栄李奈)とその夫・友和(ゴールデンボンバーの喜矢武豊)。

麗子は肺動脈狭窄症とうい心臓の持病があることから、心臓に負担のかからない無痛分娩を進められる。

 

彩加は自身の子みなみの健診で新生児科の外来を訪れていた。

みなみの経過は順調なことを告げられると、仕事の復帰を気にして保育園に預けられるか尋ねる。そして、これ以上休むのはもう限界だともらす。

 

彩加はみなみを抱いて病院のロビーを歩いていると、サクラ、小松に声をかけられる。しかし、ボーとしていてなかなか気づかず、何度か声をかけられてようやく気づく。サクラと小松は彩加のの様子がおかしいことから、心配になる。

 

自宅に戻った彩加は、泣いているみなみをあやすこともなく、片っ端から保育園に電話している。

しかし、保育園はどこもいっぱいで断られ、絶望している彩加の姿がある。家の中は掃除をしていないようで散らかり放題・・・。

 

病院の休憩室では、四宮、サクラ、下屋、赤西産婦人科の息子で研修医の赤西五郎が無痛分娩の話をしている。

ペルソナ病院で無痛分娩を可能にするためには、麻酔科医、産科医の相当な数が必要だと言う。

研修医の五郎が安易な言葉を言ったことで、四宮が研修医に対して「ちょっとは頭を使えよジュニア君」と悪態をつく。

 

四宮に悪態をつかれて研修医を気にして下屋が屋上へ行き、2人で話をする。

そこで研修医が「僕は産科医になる気はないですから」と言うが、

それに対して下屋は

「ここにいるかぎり、患者さんにとってあなたも産科のお医者さんなことは忘れないでね」

と怒りを抑えながら言う。

 

彩加の母親が彩加のマンションへ突然やってくる。

しかし、部屋は散らかり放題で「こんなに散らかして」彩加の夫の康孝(ナオト・インティライミ)に「こんな娘でごめんね」という。

すると康孝は、会社では育メンといわれているから大丈夫と答えるが、それを聞いた彩加は一瞬顔がこわばる。

さらに、彩加の母はみなみを保育園に預け、仕事に復帰しようとしている彩加に向かって「それ、あんたがおらんでも大丈夫じゃないの?仕事はあんたの代わりはおる。母親の代わりはおらんのらえ」と、さらに彩加に追い打ちをかける。

 

そして、地域保健師が彩加の自宅を訪ねるものの、彩加は居留守を使う。

 

彩加は保育園が決まらずにイライラとしていると、夫・康孝は復帰はもっとゆっくりで良いんじゃないか?と言うが、彩加は早く戻らないと今のポジションなくなる事を心配して、仕事への復帰の事ばかり気にしてイライラしている。

康孝もイライラして、出産してから性格変わったと彩加にもらす。

そして、康孝が泣いているみなみの顔を見るなり、何か苦しそうだと彩加に訴える。

 

その後、みなみを連れ病院へ駆けつけた彩加と康孝。

みなみは軽い気管支炎を起こしているため、しばらく経過観察となった。

彩加は病院の廊下でみなみを見つめながら「私がだめなお母さんだって言いたいの?」と疲れ切った表情で話しかける。

そこに小松が現れ、彩加が左右違う靴を履いていることから彩加の事が心配になり、何かあったら直ぐに連絡くれるようLineのIDを渡す。

しかし、その場面をたまたま通りすがった今橋と下屋に見られ、その後、サクラ、四宮も含めて話し合いになる。

 

そこで、四宮が小松を攻める。

すると小松は、日本の妊産婦の死因に自殺が多い事、そのうち産後に自殺した人の3割は産後うつだと言われていること、精神疾患は無かったと言われている4割の人も、診断されていなかっただけで、そこまで追い込まれいることを訴える。

そして、「私は、今苦しんでいるお母さんがいるのに放っておけません!」と四宮にくってかかる。

四宮は小松にたいして、それは理解しているが、一日に何人も見る中で、その上に心療内科みたいなことをするのか小松に問いかける。

サクラは、話を聞くだけでも楽になってくれるお母さんはいるかもしれない。手遅れになる前に何かできることをしたい・・・そう思うのは間違ってないと言う。

四宮がサクラに少々呆れながら「あのな・・・」と言いかけると同時に今橋が、サクラの意見も四宮の意見もどちらも正しいが、小松が今回したことはルール違反であると言う。

小松が一言あやまる。

今橋はさらに続けて、感情の赴くままに患者さんの心に踏み込んでいっても、逆にそれがかえって彼女たちを追い詰めてしまうこともある事を告げる。

今橋が最後をまとめ、ここでの話は終わった。

 

別室でサクラが以前担当した妊婦・三浦からの手紙を見ていると、四宮がやってきて「すべての患者の家族や背景まで背負うことは、俺達にはできない」と言う。

サクラはそれは理解していること、そして「三浦さんみたいな人を作りたくないんだ」と言う。

 

サクラが三浦の事を思い出す。そこには赤ちゃんを抱いてボーと歩いている三浦に、サクラが何度か声をかけてようやく気付く三浦の姿があった。

サクラは何か困っていることはないか?と三浦に問いかけると、三浦は「大丈夫、全然大丈夫!このこのために頑張らなきゃ!」と明るく振る。

三浦と別れ、その後病院にいるサクラに三浦から電話が入るが、サクラはオペ室から呼ばれ急きょ駆けつけるところだった。

後で連絡すると伝えておいてと言い残したものの、三浦はその後、自宅のベランダから飛び降り自殺をはかった。

サクラがそのことを今でも「あのとき僕が電話に出ていれば・・・僕は彼女を救えたのかなって・・・」とずっとひきずっている。

すると四宮が「いい加減にしろ、前を向けよ。お前が大丈夫じゃないんだよ!」と喝をいれる。

 

彩加の夫・康孝に病院側が色々と話を聞くために連絡を入れるものの、康孝は出張続きて忙しく面談に来ることが出来ない。

 

彩加は散らかり放題の部屋の中で携帯をいじっていると、職場の後輩からお茶の誘いのメールが届き、彩加は嬉しそうにすぐさま返事を返す。

 

その頃、無痛分娩を予定している山崎麗子が病院へ来ていて、突然、無痛分娩をやめたいと言い始める。

その理由が友達に無痛分娩は赤ちゃんのことより自分の事が大切なんだ・・・と、友達に言われたから。

サクラは母体と赤ちゃんへの負担を心配し「お友達のデタラメ話のせいで、2つの命を危険にさらすことは絶対に出来ません」と言い切る。

続けてサクラは、無事に出産を終わらせることが自分の仕事だと言う。

麗子は納得し、無痛分娩で産むことを決心する。

そして、麗子の陣痛の痛みが伴ってきたころに麻酔を入れ、麗子は無痛分娩で無事に女の子を出産する。

 

彩加の家には後輩が来ていて、散らかり放題だった家はスッキリと片付けられている。

仕事の話になり、部長の指示で彩加がリーダーだったプロジェクトが全面見直しになり、彩加の同期がリーダーになる事を告げられ、彩加は「どういうこと?部長は私が戻るまで祭って・・・」と言うなり、その後の話は耳に入らないようでボー然としている。

そして、後輩が帰り、暗い部屋で彩加は泣いていてる。みなみが泣いていると、片手にはクッションを持ちながら「泣きたいのはこっちだよ」とみなみに近寄っていく。

 

その後、病院では受付に赤ちゃんを置き去りにしていると警備員さんから連絡が入る。

下屋が赤ちゃんを迎えに行き、サクラは必至で彩加を探し回る。その時に、三浦の事を思い出し屋上へ向かう。

その頃、彩加が屋上から下を見ている。

「何をやってるんだ」と背後から四宮が現れる。

彩加は少し笑いながら四宮にもうどうでもよい事、誰にも必要とされていなく、母親としてもダメな事、先生になにがわかるのか?と自暴自棄になっている。

四宮は彩加の言葉を受け入れ「俺にあなたの気持ちはわからない。だから、今、あなたを引き留めているのは俺のわがままです

そのころ、ようやくサクラが屋上に到着し、少し離れたところから2人を見守る。

四宮は続けて、まだ治療の道がある患者を放っておくことはできない。それに対して彩加が「治療?」と返すと、四宮は治療で治りますと続け、少しだけ話を聞いてくれるよう、彩加にお願いをする。

 

そして四宮は彩加に手を差し伸べ、彩加はその手を握る。

サクラはそれを見てほっとする。

 

その後、別室で四宮が産後うつの可能性が高いことを彩加に告げ、精神科へ行くように手配をする。

夫の康孝も駆けつけ、「どうしてこんなことを、言ってくれよ、夫婦は2人で一つってお母さんも言ってるじゃない」と言ったところ、四宮が「何だそれ、人間は2人で一つになんかなれない。死ぬまで一人だよ。例え夫婦でも、別々の人間だからこそお互いを尊重し合う。それで初めて助け合えるんだ」と康孝を叱りつける。

 

その後の外来では四宮ではなくサクラが彩加を担当し、四宮が精神科の予約をとってくれたことを告げると、彩加は自分がみなみを可愛いと思えなかったのは病気のせいだと知って、安堵の表情をもらす。

サクラは、皆が陥る可能性がある事、小松は他の人の力を頼るのはダメなことじゃない事を告げる。

そして、みなみが久し振りに彩加の元へ戻ってきて、彩加はみなみを抱き「可愛い」と涙を流す。

 

その後、サクラは四宮に彩加の様子を伝え「ありがとう」とお礼を言う。それに対して四宮は「何のことだ?」と返す。

 

院内でピアノコンサートが開かれ、サクラがピアノを弾いている。

そこには無痛分娩で赤ちゃんを産んだ山崎麗子とその夫、彩加と康孝の姿もあった。

そこで、康孝は育メンではなく父親になると彩加に伝え、彩加がほほ笑む。

その様子を遠くからこっそり見ていた四宮は、少しほほ笑んでその場を去る。

 

研修医の吾郎が重大なミスを犯してしまう。

妊娠高血圧症の患者さんを、内科ならこれくらいは経過観察で良いと他の人に報告しなかったところ、四宮に叱られる。

しかし、吾郎は開き直って何もなかったからいいじゃないかと言う始末・・・。

下屋が吾郎にビンタをする。

 

スポンサーリンク

 

コウノドリ続編の感想

今回は本当に四宮先生が輝いて見えました!

「無痛分娩」と「産後うつ」の2つのお話しでしたが、産後うつの方が際立っていたように思います。

第3話で一番心に残ったシーンは、彩加と四宮の屋上でのやりとり。

先週の予告ではサクラが一生懸命病院内を走り回って彩加を探しているシーンだったので、てっきり彩加を助けるのはサクラだと思っていました。

しかし、それが四宮先生だったとは!

そして、あのクールな四宮先生が「お願いします」という言葉には本当に感動しました!ここで泣きそうになり、彩加が四宮先生の手をとったところで涙がポロリ・・・。良かった、良かったと言う安堵の涙です。

緊迫した空気の中のあの安心感は何とも言えませんね。

 

まだまだ心に残ったシーンがあるのでご紹介していきます。

 

彩加が散らかり放題の部屋で、泣いているみなみをあやすことなく保育園に片っ端から連絡しているシーン。

客観的にみたら、現段階で保育園に入れることより、生後間もないうえに心臓の疾患もあるので、みなみを第一に考えるのが大切なんじゃないかと思いますが、そうも言ってはいられないんでしょう・・・。

自分にも少し思い当たるふしがあり、まるで自分を客観視しているようでした。

今これって、子供を放っといてまですることなのかな?っと思ったりする事があるからです。

なかなか難しい事かもしれませんが、自分を客観視することって重要だと気づかされたシーンでした。

 

後は三浦さんからの手紙。

第1話からサクラが度々手に取って眺めていた、この手紙の真相が明らかになりましたね。

何か嫌な予感はしていたけれど、自宅のベランダから飛び降りとは・・・・。部屋は散らかり放題で、薄暗い部屋で泣いている赤ちゃんを後に、何とも言えない気持ちになりました。

 

産後うつは誰にでもなる可能性がある。とサクラも言っていましたが、私もマタニティースクールに行ったときの保健師さんは「皆、ここにいる全員産後うつになります!」と言い切っていました。

それを帰って夫に話したところ「そんな、暗示をかけるな!」と保健師さんが発したこの言葉に怒っていました。

でも、その保健師さんはきっと「皆がかかることだから、おかしいことではない」と言いたかったのではないのかな?と後から思いました。

幸い、私は産後うつにはなることはありませんでしたが、育児中はうつうつすることも多々ありました。

産後うつにならないためには、周囲のサポートそして何より一番身近にいる夫のサポートが重要だと思います。

育児中、夫かちょっとでもカチン!とくる言葉を言えば、きっとずっとそれを根に持ちますよね?

産後、世のお母さん達は不眠不休の状態で、慣れない育児と言う大仕事をこなしているのです!

ただでさえ、赤ちゃんと自分の事で忙しいので、夫の事までかまってられるか!自分の事は自分でしてちょうだい!と言う気持ちです。

なので、最低限自分の事は自分でする。そして、お母さんのお手伝いをしてあげましょう。

赤ちゃんの面倒を見るのは当たり前の事です。

だって、お父さんの子供でもあるのですから。お母さん一人に任せないように・・・。

第一話の四宮先生の言葉を借りれば

「手伝うじゃないだろ、あんたの子だよ」

この名ゼリフ!

産後うつ。出産後、自殺にまで追い込んでしまう本当に怖い病気です。

少しでも減らせるように、周囲の人が気づいてあげること。

そして何より、話を聞いてあげることが大切だと私は思います。

 

次回予告

妊婦の蓮(安めぐみ)は第1子を帝王切開で産んでいるが、第2子は自然分娩を強く希望している。

その理由は、帝王切開で産んだ我が子を愛せていないのではないか?と不安に思っているからである。

サクラは蓮の気持ちを優先させてあげたいと考えるが、四宮はリスクが高い事を問題視し、意見は激突する。

この予告を見ていて、コウノドリ1でも自然分娩にこだわる妊婦さんが帝王切開で産んだお話を思い出しました。

今回は、どちらの方法で産むのかがきになるところですね。

また、NICU(新生児集中治療室)に運ばれてきた赤ちゃんの母親が、以前四宮と一緒に喫茶店で話をしていた女性だと言うことに気が付いた白川(坂口健太郎)は、少しうろたえている。

今後、この2人の関係も明らかになっていきそうですね。

コウノドリ第4話は11月3日(金)夜10時スタートです!

ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まろんママをフォローする
ママと子供のHappy Life

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました