「ちょっとだけ」~なっちゃんの笑顔が切なすぎる!~

この記事は2分で読めます

皆さんのお家に兄弟はいますか?もしいたら、2人目が生まれたとき上の子の事をしっかり構ってあげられたでしょうか?

私は残念ながら、下の子のお世話で手一杯!上の子の事は気にかけつつも、後回しになってしまいました。そんな状態が続く中、あるとき上の息子が幼稚園でこの絵本を貰ってきました。

表紙には優しいタッチで、女の子が嬉しそうに赤ちゃんを抱いている絵が描かれています。その笑顔が気になって、早速息子と一緒に読んでみました。

 

「ちょっとだけ」のあらすじ

なっちゃんという女の子がいます。ある日、なっちゃんのおうちに赤ちゃんがやってきました。

それからというもの、お母さんはいつも赤ちゃんのお世話で忙しそうです。なのでなっちゃんはお母さんを気遣って、いつもはお母さんにしてもらっていたことを、健気に自分で頑張ってやってみます。

まだ小さいなっちゃんはお母さんのように上手くできませんが、ちょっとだ成功します。このちょっとだけ成功したことに自信を付けていき、少しづつ難しい事にも挑戦していきます。

あるとき、なっちゃんは眠たくなってきて、お母さんにちょっとだけあるお願いをします。それを聞いたお母さんは忙しく動かしている手を止めて・・・・。

 

「ちょっとだけ」の感想

初めてお姉ちゃんとなったなっちゃんを、自分の子供と照らし合わせて読んでいました。

この絵本の中で、なっちゃんがお友達のお母さんに『赤ちゃんってかわいいでしょう?』と聞かれて、なっちゃんはちょっとだけうなずいています。この場面に、赤ちゃんが家にやってきて嬉しい反面、お母さんに以前のように甘えられない寂しさ、孤独さが伝わってきました。

この、ちょっとだけうなずいたと言う短い行動の中に、初めてお姉ちゃんになったなっちゃんの複雑な心境が描かれていて、なんとも寂しく、母親として考えさせられるものがありました。

2人目が出来たら、上の子を優先させた方が良いとは頭の中で分かっていても、上の子の気持ちに余り気付いてあげられていない自分に、改めて気づかされました。

また、いつも時間に追われてイライラして、ちょっとの事で怒ってしまっていた自分を情けなく思うのと同時に、息子に対して、「構ってあげられなくてごめんね。」「寂しかったよね。」「色んなことを沢山沢山我慢してきたね。」と申し訳ない気持があふれてきました。

思わず、そばにいた息子をギュ~!と抱きしめました。
この絵本に、息子の気持ちを代弁してもらったように思いました。

 

下に赤ちゃんが生まれたお母さんにオススメ!

この本を読んで、新しく家に赤ちゃんがやってきて、上の子はお母さんに色々と気を使ったり、我慢していることに改めて気づかされました。上の子の気持ち、お母さんの愛情が本当に良く描かれている絵本です。

赤ちゃんが出来て、上の子を構ってあげる時間がない・・・・。

そんな忙しくて、毎日育児や家事に頑張っているお母さんに、ちょっとだけ忙しく動かしている手を休めて、お母さんは勿論、初めてお兄ちゃん、お姉ちゃんになった子供と一緒に読んでもらいたい絵本です。

 

「ちょっとだけ」 作:滝村有子  絵:鈴木永子 出版社:福音館書店

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村