秋の全国交通安全運動!子供に交通ルールを教えて安心・安全にお出かけしよう!

この記事は3分で読めます

こんにちは!まろんママです^^

『秋の全国交通安全運動』が9月30日(土)まで始まりましたね。

『秋の交通安全運動』という言葉を知っている人は多いと思いますが、では具体的にどのようなことをするか知っていますか?

今回は、交通安全運動の内容我が家での交通の取り組み以前危ない目にあった出来事 についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

秋の交通安全運動の内容

重視すること

●こどもや高齢者の安全な通行の確保

●高齢運転者の事故防止

●飲酒運転の撲滅

●夕暮れ時と夜間の歩行中&自転車乗用中の交通事故防止

●全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

活動内容

実施期間中のポスターやチラシの掲示、配布等による広報啓発活動や交通安全キャンペーン等の実施

参考元:福岡県HP

 

我が家での取り組み

我が家では現在、幼稚園の送り迎えは徒歩で行っています。

4才の息子は、交通ルールも以前に比べると身に付いてきて、信号を見ては「赤は止まれ!」「青になった!進もう!」青が点滅していると「急がないと!」と言っています(笑)。

そして、2才の娘は最近まではベビーカーに乗せていたのですが、手を繋いできちんと歩けるのと、来年から幼稚園なので、今から歩くことに慣れさせる目的もあり、帰りのお迎えの時は歩かせています。

その際に、注意していることは以下4点です。

1、信号のルールを教える。

2、渡るときは横断歩道を歩く

3、歩道の建物側を歩かせる

4、急がないでゆっくり歩く

では、ひとずつご紹介していきたいと思います。

信号のルールを教える

2才にもなると、親の言っていることを理解している子は多いですね。

なので、きちんと子供の目を見て「四角い信号が青になったね、渡ろうね」とか「今は赤だから渡ったらいけないよ、止まるんだよ」と声掛けしています。

また、信号が青でも、両サイドをみて車が来ていない事を確認してから渡っています。

また、信号で待つときは、車が突っ込んで来たり、手を振りほどいて突然走り出したら危ないので、道路の近くではなく、少し奥の方で待っています。

渡るときは横断歩道を歩く

大きくなってくると、急いでるときは横断歩道が無い所でも、車が来ていなかったら走って渡ったりしますが、小さな子供を連れてこの行為はとても危ないです。

なので、急いでいても横断歩道を渡るようにしています。

また、子供にも「道路の白いしましまの部分を渡ろうね」と教えています。

歩道の建物側を歩かせる

小さな子供は、いつ手を振りほどいて走り出すかわかりません。そして、自転車が歩道をスピードを上げて走ってくることもあります。なので、歩くときはいつも歩道の建物側を歩かせています。

急がないでゆっくり歩く

手を繋いで歩くと言う行為は、小さい子供にとっては、バランスがとりにくく歩きにくいです。

そんな状態で、親が急いで歩いていると、子供はたいてい転んでしまいます。

なので、けがをしないためにも、ゆっくり歩くように心掛けています。

 

スポンサーリンク

 

以前、息子が危ない目にあった出来事

娘は比較的大人しく、手を繋いで歩いてくれるのですが、息子が娘と同じくらいのときはこうはいきませんでした。

まず、手を繋いで同じ方向に歩いてくれません。手を振りほどいて「タタタタ~~!!」と走って行ってしまいます。

あるとき、公園で遊んでいたら、ちょっと目を離したすきに公園を出て、前の道路へ飛び出していました!そして、タクシーが通りかかり危うくひかれそうになりました!

もう、その時の光景は今でもはっきり覚えています。

息子の目の前にタクシーが迫ってきたその様子が、スローモーションのように私の目には移りました。

幸いにも一方通行の細い道で、タクシーもそれ程スピードを出してなかったため、直ぐに止まってくれました。

これがスピードを出していたらと思うと、今頃息子は・・・?考えただけでもぞっとします。

とにかく、その後はタクシーの運転手さんに謝罪して、息子に公園の外に出たら危ないことを言い聞かせました。息子も身をもって車の怖さを体験したのか、その後、公園から飛び出すようなことはなくなりました。そして、今ではきちんと手を繋いで歩道を歩いてくれています。

よく、小さい子供にハーネスを付けるのに賛成か反対かとかありますが、私は賛成です!だって、命にはかえられません。かっこ悪いとか、可哀想とか、そんなことより子供の命の方が大切です。

 

まとめ

小さい子供がいる家庭での交通ルールは、主に親が教えるものですね。

交通ルールはすぐに覚えるものではなく、日常の生活の中で学んでいくものです。

子供の命を守るためにも、一緒にお出かけするときは、意識して信号のルールを始め、外に出るときの注意事項を教え、しっかりと手を繋いで歩きましょう^^

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村