このページはプロモーションを含みます
PR
スポンサーリンク

ノンフライヤーは後悔してまずい?デメリットや危険性、買うべきかいらないか解説!

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「ノンフライヤーは後悔してまずい?」という疑問を持つ方へ。ノンフライヤーの利用には確かに後悔するポイントが存在します。

しかし、それは必ずしも味がまずいというわけではありません。

以下「口コミを見る」から購入した方の感想が見れます。

本記事では、ノンフライヤーのデメリットや危険性を詳しく解説し、それを踏まえた上で、あなたがノンフライヤーを買うべきか、それとも必要ないのかを解説します。

スポンサーリンク

ノンフライヤーとは何か?

ノンフライヤーとは、油を使わずに揚げ物が作れる家電製品のことを指します。

フィリップス社が最初に販売したもので、現在では多くのメーカーから発売されています。ノンフライヤーは、ヘルシーな食生活を求める人々にとって、非常に便利なアイテムとなっています。

油を使わないため、カロリーを抑えつつ、揚げ物のような食感を楽しむことができます。また、揚げ物だけでなく、グリルやローストなど、さまざまな料理に対応しています。

ノンフライヤーはまずいか解説

ノンフライヤーで調理した食品がまずいと感じるかどうかは、個々の味覚や調理方法によるところが大きいです。

しかし、ノンフライヤーは高温の空気を食品の周りに循環させることで、油で揚げるのと同様のクリスピーな食感を生み出します。

そのため、適切に調理すれば、油で揚げたものと比較しても遜色のない美味しさを実現することが可能です。

また、油を使わないため、油っぽさが苦手な人にとっては、より美味しく感じるかもしれません。

ノンフライヤーで後悔点とその解決策

ノンフライヤーの後悔点としては、容量が少ないと感じることがあります。

例えば、2.5Lと2~3人前用というサイズのものを使用していますが、冷凍のから揚げを重ねずに温めるなら10個くらいが限度かなという感じです。

これを解決するためには、家族の人数や食事の量に合わせて適切な容量のノンフライヤーを選ぶことが重要です。

また、大きなサイズのノンフライヤーは、置き場所に困るという問題もあります。そのため、キッチンのスペースも考慮に入れて選ぶことが重要です。

ノンフライヤーの危険性。事故はある?

ノンフライヤーは基本的に安全な家電製品ですが、高温になる部分には注意が必要です。

また、調理中に本体を移動させると熱い油が飛び散る可能性があるため、調理中の移動は避けるようにしましょう。

さらに、調理後は内部が高温になっている可能性があるので、冷めるまで触らないように注意が必要です。これらの注意点を守ることで、ノンフライヤーを安全に使用することができます。

ノンフライヤーのメリットとデメリット

デメリット

ノンフライヤーのデメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  1. 本体が大きく、置き場所に困ることがある。
  2. 運転音が大きい。
  3. 一度に調理できる量が限られる。

これらのデメリットは、製品によって異なります。そのため、購入する際には、自分の生活スタイルや調理の量に合わせて適切な製品を選ぶことが重要です。

メリット

一方、ノンフライヤーのメリットは以下の通りです。

  1. 油を使わずに揚げ物ができる。
  2. カロリーを大幅にカットできる。
  3. 揚げ物以外でも使用可能。

これらのメリットから、ノンフライヤーは健康志向の高い人々にとって、非常に便利な家電製品と言えます。

以下「口コミを見る」から購入した方の感想が見れます。

ノンフライヤーの評判・口コミ

悪い口コミ

「ノンフライヤーを購入したものの、思ったよりも大きくて置き場所に困った。」 「運転音が大きく、夜間の使用には向かない。」

これらの口コミから、ノンフライヤーのデメリットとして、本体の大きさや運転音の大きさが挙げられます。

良い口コミ

「ノンフライヤーのおかげで、揚げ物を気軽に楽しむことができるようになった。」 「カロリーを気にせずに美味しい揚げ物が食べられるのが嬉しい。」

これらの口コミから、ノンフライヤーのメリットとして、油を使わずに揚げ物ができること、カロリーを気にせずに美味しい食事が楽しめることがわかります。

ノンフライヤーの選び方

ノンフライヤーを選ぶ際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  1. 容量:家族の人数や食事の量に合わせて選びましょう。
  2. 本体の大きさ:置き場所が確保できるか確認しましょう。
  3. 機能:タイマーや温度調節など、必要な機能が備わっているか確認しましょう。

これらの点を考慮することで、自分に最適なノンフライヤーを選ぶことができます。

ノンフライヤーは使いにくい?使いやすいか解説

ノンフライヤーの使用感は、製品によって異なります。しかし、基本的には温度と時間を設定し、食材を入れるだけというシンプルな操作性が特徴です。

そのため、調理が苦手な人でも簡単に扱うことができます。ただし、一部の製品では運転音が大きい、本体が熱くなるなどの問題が報告されています

。これらの点は、購入前にチェックしておくと良いでしょう。

ノンフライヤーの電気代

ノンフライヤーの電気代は、使用時間と消費電力によります。一般的には、1回の使用で約10円程度と言われています。

しかし、これはあくまで目安であり、具体的な金額は使用する製品や電力会社の料金プランによります。節電のためには、使用後は必ず電源を切るようにしましょう。

ノンフライヤーとエアフライヤーの違いを比較

ノンフライヤーとエアフライヤーは、両者ともに油を使わずに揚げ物を作ることができる点では同じです。

しかし、ノンフライヤーは熱風を循環させて食材を加熱するのに対し、エアフライヤーは食材に直接熱風を当てて加熱します。

その結果、ノンフライヤーは均一に加熱できる反面、エアフライヤーは表面がカリッと仕上がるという特徴があります。どちらを選ぶかは、自分の好みや調理する食材によります。

以下に、ノンフライヤーとエアフライヤーの違いを表にまとめてみました。

ノンフライヤーエアフライヤー
調理方法熱風循環による調理熱風循環による調理
油の使用量油をほとんど使わない油をほとんど使わない
調理時間比較的長い比較的短い
価格比較的安価比較的高価
調理可能な食品一部制限がある幅広い食品に対応
清掃のしやすさ比較的簡単比較的手間がかかる

それぞれの特性から、以下のような人におすすめできます。

  • ノンフライヤー:健康志向が強く、油を極力使わない調理を望む人、予算を抑えたい人、清掃作業を簡単に済ませたい人におすすめです。
  • エアフライヤー:調理時間を短縮したい人、多種多様な食品を調理したい人、少量の油を使った調理が許容できる人におすすめです。

ノンフライヤーはいらない?買うべきか解説

ノンフライヤーを購入するかどうかは、個々のライフスタイルや食生活によります。健康志向が高く、揚げ物をよく作る人にとっては、ノンフライヤーは非常に便利なアイテムと言えます。

しかし、揚げ物をあまり作らない人や、キッチンのスペースが限られている人にとっては、必要ないかもしれません。

また、ノンフライヤーは一部の食材に対しては、通常の揚げ物と比べて味が劣ると感じることもあります。これらの点を考慮して、自分にとってノンフライヤーが必要かどうかを判断しましょう。

ノンフライヤーでの料理レシピ

ノンフライヤーは、揚げ物だけでなく、グリルやロースト、ベーキングなど、さまざまな料理に使用できます。

例えば、チキングリルや野菜のローストなど、ヘルシーで美味しい料理を簡単に作ることができます。

また、ノンフライヤーで作ることができる料理レシピはインターネット上に多数公開されていますので、それらを参考にしてみると良いでしょう。

ノンフライヤーの購入を検討する際の注意点

ノンフライヤーを購入する際の注意点としては、以下の3点が挙げられます。

  1. 容量:家族の人数や食事の量に合わせて適切な容量のものを選びましょう。
  2. 機能:必要な機能が全て備わっているか確認しましょう。例えば、タイマー機能や温度調節機能などがあります。
  3. 価格:予算内で最も性能の良いものを選びましょう。ただし、安価な製品は耐久性に問題がある場合があるので注意が必要です。

これらの点を考慮することで、自分に最適なノンフライヤーを選ぶことができます。

まとめ

ノンフライヤーは、油を使わずに揚げ物が作れるという特徴から、健康志向の高い人々にとって非常に便利な家電製品と言えます。しかし、購入する際には、容量や機能、価格などを考慮する必要があります。この記事が、ノンフライヤーの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントをどうぞ