このページはプロモーションを含みます
PR
スポンサーリンク

メルカリはやめてよかった?いらない服をメルカリで売るのはめんどくさい?やらない方がいい人の特徴を解説!

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

私は過去にメルカリでものを売っていましたが、現在は「メルカリでものを売るのをやめてよかった」と言えます。

その理由は、高く売れるものなら良いのですが子供の服等、数百円の利益にならないものに関しては時間がもったいないなと思います。

ただ、時間がある人なら良いですが、本当に時間がない人には、余り利益にならないものを売るのは正直手間の方がかかるので余りお勧めはできません。

ここからは、メルカリで物を売る際の手間やリスク、メルカリでは得られないメリットについて紹介し、メルカリをやめても「売る、捨てる」のベストな方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

メルカリはやめてよかったか解説

メルカリは出品する手間や金銭的な利益を得るためには、多くの時間を費やす必要があります。

例えば、商品の撮影や説明文の作成、商品管理や出品終了までの在庫管理、そして値引き交渉や荷物の発送など、手間がかかる作業が多くあります。

そのため、時間や手間をかけることができない人にとっては、メルカリは向かないかもしれません。

また、商品の販売価格が低い場合や、商品を安く手放す必要がある場合、かけた手間に対しての利益を考えると、割りに合わないと思う事もあります。

一方、メルカリは不用品を処分するだけでなく、素敵な品物をお手頃価格で手に入れることができる場合もあります。

そのため、商品を1円でも安く購入する事が好きな人や、独自の商品を格安で手に入れることができると考える人にとっては、メルカリはとても魅力的な場所です。

総合的に判断すると、メルカリは時間や手間をかけることができる人には便利なECサイトですが、手間を惜しむ人には向いていないということが言えます。

いらない服をメルカリで売るのはめんどくさいか解説!

メルカリでいらない服を売ることは、手間暇がかかり、メリットが少ない面もあります。

例えば、スマフォで商品の写真を撮ります。特に写真は重要なので、服の場合だと出品のためだけに、アイロンをかけたりすることもあります。

シワシワのシャツの写真をUPしても、見栄えが悪すぎるので売れ行きは悪いことが多いです。

また、写真も蛍光灯の下で、電球の明かりが反射しているような薄暗い部屋だと商品も魅力的にはうつりません。

なので、写真を撮るときにも注意が必要です。

そのうえ、説明文を作成する手間などがかかります。

この時に、サイズ表記等ただ単にMサイズと書いていると、購入者を検討している人からの問い合わせがきて「丈等の詳しいサイズを教えてください。」と言われることもあります。

その上、値引き交渉などもあり、出品後の手間がかかることも多いです。

さらに、商品の価格は同じ商品が沢山出ている場合は、中々思ったような価格で売ることができないときもあります。

また、発送や送料、手数料などの費用がかかるため、売れても得られる利益は限られます。

一方で、メルカリでいらない服を売ることにはメリットもあります。

例えば、不要なものを売却することでお金を稼ぐことができ、また、捨てるよりも環境にも優しい方法であると言えます。

また、不要品を売ることによって自宅をスッキリさせることもできます。

総合的に判断すると、メルカリでいらない服を売ることは手間がかかりますが、その分手軽な買取業者よりも高値で売ることできることも多々あります。

また、ユーズド品を手軽に購入できる点も魅力的です。

しかし、出品することによる売上に期待しすぎることは避け、売り上げよりも環境面やスッキリとした生活空間を重視しましょう。

断捨離でメルカリで売るのは時間の無駄、時間がもったいないと思う理由

断捨離によって手放したいものをメルカリで販売することは、時間と手間がかかるため、時間が貴重な人にとっては無駄に感じるかもしれません。

例えば、商品を撮影したり説明文を作成したりするのに時間を費やしたり、値引き交渉や購入者からの問い合わせに応えたりすることがあります。

また、手数料や発送手続きなども必要であり、手間と費用を費やしても売れない可能性もあります。

このように、販売プロセスには多くの手続きや時間が必要であり、その時間を別のことに費やすことができるかもしれません。

強制的に商品を販売する必要がない場合、家にある不用品を寄付したり、リサイクルに出して処分する選択肢もあります。

また、状態の良い商品を購入したり、修理やリメイクしたりすることで、別のアイテムへの投資とすることもできます。

総合的に判断すると、断捨離によって手放したいものをメルカリで販売することは、時間がもったいないと感じる人にとってはメリットが少ないと言えます。

販売するかどうかを慎重に判断し、時間や労力を無駄にせずに、最適な方法を選択することが重要です。

メルカリをやらない方がいい人の特徴

メルカリを利用するには、時間と手間をかける必要があります。そのため、次のような人にとっては、メルカリをやらない方が良いかもしれません。

1.時間的余裕がない人
メルカリでは商品を出品するために写真撮影や説明文の作成、売り上げの管理、荷物の発送など膨大な時間が必要です。

時間に余裕がない人は、その作業に充分時間を割くことができないかもしれません。

2.熱心に商品を売らない人
メルカリでは、販売価格は市場競争によって形成され、売り上げが思うように伸びない場合もあります。

熱心に商品を売らなければ収益は見込めないため、売る気がない人は、メルカリを利用する意味はあまりありません。

3.商品の発送に自信が無い人
メルカリでは商品の発送が必要ですが、適切な梱包をする作業が必要です。

発送先の住所や配達時間などは、メルカリ便を使用すれば省けるのでメルカリ便の利用がお勧めです。

商品や荷物をうまく梱包する自信がない人には、メルカリは合わないと言えます。

4.物を捨てるのが苦手な人
メルカリでは、不要品を売って収益を得ることができます。しかし、捨てるのが苦手な人は、出品することで時間とストレスを増やしてしまう可能性があります。

以上のような特徴を持つ人にとっては、メルカリを上手く活用することが難しいかもしれません。

場合によっては、別の方法を検討することも必要かもしれません。

メルカリやめてラクマはどうか解説

私は過去にラクマも使用していましたが、メルカリよりも手数料が少ないのがラクマの魅力です。

ただ、利用者数はメルカリの方が多いので「売れにくい」という事もあります。

しかし、手数料が低い分商品の値段をメルカリよりも安く出品することができるのが利点です。

そのため、メルカリとラクマ、両方使用している人は、両方の価格をチェックしてから購入するという特徴もあるので、ものによっては売れやすいです。

総合的に判断すると、メルカリよりも手数料が低い分、商品を安く出品できる点で、ラクマは魅力的です。

しかし、ユーザー数がメルカリに比べて少ないため需要が少なく、価格競争が激しく、売れない可能性もあります。

商品を売る方法として、ラクマも含め、いくつかのアプリや手段を知っておくことが重要であり、自分に合った方法で出品業務をすることが大切です。

メルカリはめんどくさいから不要な服は捨てるは間違い!

メルカリで商品を売ることができない場合でも、捨てることは避けましょう。

捨てる前に、リサイクルショップや寄付先を探したり、ブランド品でれば高価買取が可能な「ラクータ」を利用することがおすすめです。

「ラクータ」は業界トップクラスの高額査定を誇り、店舗が全国に展開されています。

ブランド品をなるべく高く売却したい場合は、高価買取を得意としている「ラクータ」がおすすめです。

また、「ラクータ」は、宅配買取も可能なため、自宅にいながらブランド品の買取査定ができます。査定額に納得したら、その場で買取となるため、手っ取り早くお金を手に入れることもできます。

「売るか捨てるか」という場合、捨てる前に「ラクータ」を利用することで、不要品を高値で売却することができます。

捨てる前に、捨てるよりも得られるオプション探してみることをおすすめします。

まとめ

メルカリをやめてよかったかというと、私は今は時間がないのでやめてよかったです。

その理由は、メルカリで服を売ることは手間がかかり、労力や時間を必要とするため、時間的に余裕がない人や、物を捨てることが苦手な人などにとっては向いていないといえます。

そのため、出品の必要がない場合や、マイナス面になる可能性がある場合は、寄付やリサイクルに出す方が、時間を無駄にしなくて済みます。

また、ブランド品を高値で売却したい場合は、「ラクータ」を利用することがおすすめです。

査定額が高額な業界トップクラスの高価買取が魅力であり、店舗が全国に展開しており、宅配買取に対応していることも大きなメリットとなります。

商品を手放す場合は、メルカリやラクマを利用することはありますが、その手間と労力に見合ったメリットをしっかりと見極め、適切な方法を選択することが大切です。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントをどうぞ