スポンサーリンク

子ども部屋の窓はどうする?おすすめ窓インテリアの種類と選び方

お役立ち情報
スポンサーリンク

画像引用:photoAC

子ども部屋を用意する時に、窓インテリアで悩む人も多いのでは?カーテン以外にもさまざまな窓インテリアがあり、デザインや使い方・機能なども違うのでどれを選ぶか迷いますよね。

窓は部屋の中でもスペースが広く、取り入れるインテリアや色使いによって子ども部屋のイメージが大きく変わります。子どもの成長に合わせて長く快適に過ごせる部屋を作るために、窓インテリア選びのポイントを押さえておきましょう。

そこで今回は、子ども部屋向け窓インテリアの種類と選び方を解説します。合わせてオーダーメイドを考えている人におすすめのメーカー、TUISS DÈCORも紹介するので参考にしてください。

スポンサーリンク

カーテンだけじゃない!窓インテリアの種類と特徴を紹介

窓インテリアはカーテンだけでなく、ブラインドやロールスクリーン・ハニカムシェードといった複数の種類があります。どれも子ども部屋におすすめの窓インテリアですが、アイテムによって使い勝手が異なるので目的に合うものを選ぶことが大切です。

ここからは、窓インテリアの種類とメリット・デメリットなどの特徴を解説します。

カーテン

カーテンは、多くの人にとって身近で取り入れやすい窓インテリアです。バリエーションが多く、色やデザインなど子どもの好みに合わせて選びやすいメリットがあります。

UVカットや遮光などの機能がついたものも多く、丈夫に作られているため耐久性が高いのも特徴。丸洗いできる素材のカーテンを選べば清潔に使い続けられるので、メンテナンスの手間を楽にしたい人にもおすすめです。

デメリットとして、カーテンを閉め切ると通気性が悪くなりやすかったり、圧迫感を感じたりする場合があります。カーテンは子どもでも操作しやすいですが、開けて両側にまとめておく際に窓が狭く見えることもあるでしょう。

ブラインド

ブラインドは、プラスチック製やアルミ製・木製や布製素材のものがあります。羽根の開き具合を調節することで外からの視線を遮りながら調光でき、通気性が良いのがメリットです。

シンプルなデザインで洋室・和室どちらにも合わせやすく、インテリアに馴染みやすいのもポイント。窓の幅に合うサイズなので、部屋をすっきり見せたい人におすすめです。

デメリットとして、ブラインドは羽根のホコリを一枚ずつ手入れする必要があるため掃除の手間がかかります。また、羽根の隙間から音や光が漏れやすく、完全に遮光するのは難しいでしょう。

子どもが小さい場合はブラインド操作が上手くできないケースもあります。思わぬケガや故障につながったりする可能性も踏まえ、安全性を確認して選ぶことが大切です。

ロールスクリーン

ロールスクリーンは、布製のスクリーンを巻き上げることでコンパクトに収納できるメリットがあります。子ども部屋向きの可愛いデザインも多く登場していて、窓だけでなく部屋を仕切りたい時にも便利なアイテムです。

カーテンのようなドレープが無いため窓をすっきり見せることができ、一枚の絵を飾っているような印象になるのもポイント。普段の手入れは軽くホコリを拭き取る程度で十分ですが、洗濯機で洗えるタイプも登場しています。何かと汚れやすい子ども部屋でも、安心して使うことができますね。

ロールスクリーンのデメリットは、布が薄いためカーテンに比べると遮光性や遮音性が劣る点です。巻き上げた時に外から室内が見えてしまったり、夜はシルエットが浮かんでしまうこともあるため、取り付ける場所は注意して決める必要があります。

子どもがロールスクリーンの操作をする際は、安全に使えるよう大人が正しい使い方を伝えましょう。チェーンを強く引っ張りすぎて壊れたり、体に引っ掛けてしまったりと危険なこともあるため、チェーンに触れないよう上にまとめておく工夫も必要です。

ハニカムシェード

ハニカムシェードは、シェードにじゃばら織りような凹凸があり、断面部分がハニカム(ハチの巣)構造になっています。遮熱や断熱性が高く省エネ効果が期待できることや、防音効果に優れているのが特徴です。和室・洋室どちらにも合わせやすく、部屋をすっきり広く見せてくれるメリットもあります。

ハニカムシェードは大きいサイズだと重量があって操作が大変だったり、重みで下に引っ張られシェードの開き具合が偏る場合があります。断熱性が高い反面、冬場は窓に結露が発生することもあり、シェードの凹凸部分にホコリが溜まりやすいのもデメリットです。

子ども部屋にはコード操作の必要がないコードレスタイプがおすすめ。上手く操作できなかったり、子どもがコードで遊んでしまったりする危険がなく安全に使用できますよ。

種類別!子ども部屋の窓インテリアを選ぶポイント

画像引用:photoAC

子ども部屋の窓インテリアは、快適に使えて安全に過ごせるものを選ぶことが大切です。遊びや勉強・眠るときなどさまざまなシーンを過ごす子ども部屋だからこそ、居心地良く過ごせる窓インテリアを選びましょう。

ここからは、子ども部屋の窓インテリアを選ぶポイントを種類別に詳しく解説します。

カーテンを選ぶポイント

子ども部屋のカーテンを選ぶポイントは、機能・デザイン・素材です。

機能

カーテンには遮光・遮熱・防音・UVカットなどさまざまな機能があります。日当たりが良く夏の暑さを軽減したい・省エネ効果を良くしたいなら遮光性やUVカット、道路に面しているなら防音性といったふうに、子ども部屋の特徴に合う機能を重視して選ぶのがおすすめです。

ただし遮光カーテンは光が遮られ、子どもが朝起きにくくなるデメリットもあるので注意しましょう。幼児期~小学校低学年くらいの小さいうちは、朝日の自然な光で目覚めると体内時計を整え生活リズムを作ることに役立つといわれています。主に子ども部屋で過ごす時間帯に合わせて、必要な機能を考えると良いでしょう。

デザイン

子ども部屋向けのカーテンは成長に合わせて長く使うことを重視するなら、シンプルなデザインを選ぶと良いでしょう。キャラクターものや可愛い絵柄・ポップな色使いのものもたくさんあって迷いますが、年齢が上がるにつれて好みが合わなくなることもあります。

派手な柄や色のカーテンだと、勉強に集中しにくく落ち着いて過ごせないケースもあるので、子どもが大きくなっても使えるデザインかどうかを考慮して選んでみてください。

素材

子ども部屋のカーテン素材は、ポリエステルか天然素材がおすすめです。それぞれの特徴をみてみましょう。

メリットデメリット
ポリエステル手軽に洗濯できて衛生的静電気が起きやすくホコリがつきやすい
天然素材静電気が起きにくくホコリがつきにくい洗濯で伸びたり縮んだりする場合がある

ポリエステルは手軽に洗濯できる点が魅力です。天然素材はホコリがつきにくいので、アレルギー体質の子どもでも安心して使えるメリットがあります。カーテン素材によって手入れ方法が変わるので、選ぶ際は確認してくださいね。

ブラインドを選ぶポイント

子ども部屋のブラインドを選ぶポイントは、素材・遮光性・通気性です。

素材

ブラインドは、アルミ・プラスチック・ウッド素材が一般的な他、布素材のものもあります。

子ども部屋には、耐久性が高く劣化しにくいアルミかウッド素材がおすすめ。アルミ製は価格が手頃で、カラーバリエーションも豊富です。子どもの好きな色を取り入れやすいメリットもこともあります。ウッド製は自然素材で環境にも優しく、木の温かみが感じられる部屋に仕上がります。

さらにフッ素コートされているブラインドなら、掃除がしやすくなりますよ。

遮光性・通気性

子ども部屋のブラインドは、光の入りや通気を調整しやすいものを選びましょう。

ブラインドには横型と縦型がありますが、縦型は大きな窓向けが多くバリエーションに欠けます。そのため子ども部屋には、遮光具合いや通気性を調節しやすい横型がおすすめです。また、横型の方がサイズやカラーなど商品が多く選びやすいメリットもあります。

ロールスクリーンを選ぶポイント

子ども部屋のロールスクリーンを選ぶポイントは、操作方法・安全性・透け具合です。

操作方法・安全性

ロールスクリーンを子ども部屋に設置する際は、操作方法と安全性の確認が大切です。一般的な操作方法にはチェーン式やプルコード式があります。それぞれの特徴をみてみましょう。

操作方法メリットデメリット
チェーン式スクリーン横のチェーンを引いて操作する・立ったままで操作できる ・スクリーンの微調整ができる ・巻きずれが起きにくい・小さな子どもには操作が難しい
プルコード式スクリーン下のコードを引いて操作する・操作が楽 ・見た目がスマート・巻きずれが生じやすい ・床まである窓だと操作時にしゃがまなければならない

チェーン式は子どもが上手く操作できない場合や、誤操作で思わぬケガをする可能性があることを考慮しておきましょう。安全に使うために、長いチェーンをまとめておく「コードクリップ」、チェーンに強い負荷がかかるとチェーンが外れる「セーフティコネクター」もあります。子どもが小さいうちは安全対策をした上で、大人が操作すると良いですね。

プルコード式は、安全でコード操作が分かりやすいため子どもでも扱いやすいです。注意点として、巻きずれが起きやすいため大人と一緒に使い方を確認しましょう。

透け具合

ロールスクリーンは1枚の生地が薄く夜はシルエットが透けてしまう場合があり、プライバシーを守りたい窓の使用には向きません。購入前には透け具合を確認するようにしましょう。

ただし、2枚の生地を使い裏面にシアー素材を採用したダブルロールスクリーンなら、プライバシーを保護できます。昼間も外からの視線を気にせず使用できるので、目的に合わせて選んでみてくださいね。

ハニカムシェードを選ぶポイント

ハニカムシェードは構造に特徴があることから、価格が高い傾向があります。試しに取り入れてみたい場合には、小窓がおすすめ。手頃な価格で簡単に取り付けられる商品が多く登場しています。その他、遮光性・操作性もポイントです。

遮光性

ハニカムシェードは遮光性と非遮光性タイプがあります。遮光性は室内の光が漏れにくいため夜も安心です。非遮光タイプはシェードを下げた状態でも外の自然光が入るので、部屋に優しい光を採り込んでくれますよ。

カーテンを選ぶポイントでも紹介しましたが、遮光性は朝日が入らないため子どもの生活リズムを整える意味ではよく検討する必要があります。非遮光タイプを選ぶ際は、外からの視線が気にならない窓に使用するのがおすすめです。

操作性

ロールスクリーンと同じく、ハニカムシェードもチェーン式やプルコード式操作が一般的ですが、メーカーによってはコードレスやハンドル式も登場しています。

子ども部屋には安全性の高いプルコード式やコードレス・ハンドル式がおすすめです。安全対策を取ればチェーン式も取り入れることで選択肢が広がるので、操作性もしっかり検討しましょう。

何色を選ぶ?窓インテリアにおすすめのカラー

画像引用:photoAC

窓インテリアを選ぶポイントを紹介してきましたが、部屋全体のイメージにつながる色選びも重要です。色は子ども部屋の印象だけでなく、気分や生活にも影響を与えます。

ここでは、窓インテリアにおすすめの色とそれぞれが持つ効果を紹介するので、色選びの参考にしてください。

効果
青・水色・集中力を高める ・気分を落ち着かせる
・心身を落ち着かせる
ピンク・温かみを感じさせる ・ストレスを和らげる
黄色・オレンジ・気持ちを明るくする ・プレッシャーを和らげる ・作業効率を上げる

青や水色は集中力や気分を落ち着かせる効果があり、勉強部屋に向いています。黄色やオレンジは気持ちを明るく元気にしてくれる効果があるので、楽しく過ごせそうですね。

それぞれの色が持つ効果も踏まえて、子どもと相談しながら窓インテリアの色を選んでみてはいかがでしょうか。

オーダーメイドのTUISS DÈCORなら子ども部屋に最適な窓インテリアが見つかる!

画像引用:TUISS DÈCOR

窓インテリアには、カーテン以外にもブラインドやロールスクリーン・ハニカムシェードなどさまざまな種類があります。今回紹介した窓インテリアの特徴や機能・選び方も参考に、子どもが快適で安全に過ごせるアイテムを選んでみてください。

窓インテリアは既製品の中から選ぶのも良いですが、オーダーメイドなら窓のサイズにぴったりのアイテムが手に入ります。サイズだけでなく機能やデザイン・色にもこだわることができるので、お気に入りの窓インテリアが見つかりますよ。

TUISS DÈCORはオーダーメイドのカーテンやブラインド・ロールスクリーン・ハニカムシェードなどを取り扱っています。全商品無料のサンプルサービスも行っているので、子ども部屋に最適な窓インテリアを選びたい人におすすめです。

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました