ドラマ「コウノドリ」の続編を育児疲れのママに見て欲しい理由

この記事は3分で読めます

ドラマ コウノドリ

あなたはドラマ「コウノドリ」を知っていますか?

このドラマは2015年にTBSで放送され、原作はモーニング(講談社)で鈴ノ木ユウが描く医療漫画です。

ストーリーは命の誕生の場である産婦人科が舞台です。

普段、ドラマはめったに見ない私ですが、このドラマだけは毎回欠かすこと無く見ていました。それほど夢中になってしまうドラマなのです!

そして、このコウノドリの続編が、2017年10月13日(金)夜10時からTBSでスタートします!

いつかママになる若い子にも、現在妊娠中のプレママにも、私のように育児真っ只中で忙しいママにも、そして、子育て中のパパにも、とにかく沢山の人に見てもらいたいドラマです!

スポンサーリンク

 

コウノドリ前作を簡単にご紹介

ペルソナ総合医療センターの産科医、主人公の鴻鳥サクラはライブハウスで演奏もする、謎の天才ピアニストBABYという2つの顔を持つミステリアスな男である。

演奏中でも病院から連絡が入ればすぐに病院へ駆けつける。また、サクラには施設で育ったという一面もあり、最終話でその謎が明らかになる。

コウノドリ前作の1話から10話(最終話)までの簡単なあらすじ。

第1話

救急車から妊婦受け入れの要請が入る。しかしその妊婦は産科検診を受けない未受診妊婦だった。未受診妊婦はリスクが高く、万が一感染症にかかっていると、医療スタッフや他の患者に移るリスクも高まるため受け入れを反対する者も・・・。しかし、サクラはこの妊婦を受け入れることに。

第2話

交通事故にあった臨月を迎える妊婦が救急車で運び込まれる。妊婦は頭部の外傷が酷く意識不明の重体。

産科医のサクラは子供の心拍があるうちに帝王切開で赤ちゃんを取り出す提案をするが、救急救命の医師は、出産させることで母体の容態が悪化することを懸念した。最終的に母体か赤ちゃんか?どちらの命を優先させるかを、父親に判断を委ねることに。

第3話

10年前、母親が妊娠中にかかった風疹の影響で、白内障を持ち心臓疾患のある子供が生まれてきた。そのとき立ち会ったサクラにその子供が会いに来た。

一方、ペルソナ総合医療センター付近で、禁煙していた妊婦が激痛に襲われ、たまたま通りかかったその妊婦の主治医に助けられる。その妊婦は胎盤早期剥離を起こしていて、緊急帝王切開となる。

第4話

21週の妊婦が破水をし、夫に抱えられながら病院にやってくる。妊婦は前日の検診でお腹の貼りを訴えたが、担当医は問題ないと返答。そのことを攻めるように問い詰める妊婦に、サクラは切迫流産は予期することが難しいと説得する。そして、夫婦に過酷な選択を迫る。

第5話

親が中学2年生同士という若すぎる妊娠。サクラの元へ受診しにきたときは妊娠8ヵ月。堕胎することも出来ず、生まれてくる赤ちゃんを誰が育てるかということで、双方の両親はもめる。

第6話

5年の不妊治療の末、43才でようやく授かった赤ちゃん。しかし、臨月を迎え妊娠高血圧症候群が懸念され、管理入院することに。出産は帝王切開で赤ちゃんを取り出す予定だが、手術中予期せぬ事が起こってしまう。

第7話

助産院で自然分娩を強く希望する妊婦。その思いはとても強く、義務ずけられている病院での検診を毛嫌いする。助産院と病院での出産のあり方について考えさせられる。

第8話

お腹の中の赤ちゃんが口唇口蓋裂と告げられた妊婦。医師は口唇口蓋裂について説明するが、その現実を受け入れられない妊婦。

第9話

23週の切迫早産の妊婦が救急で運ばれてくる。早すぎる出産。生まれてきた赤ちゃんは沢山の管に繋がれ、医師からは両親に赤ちゃんの状況と、これからのリスク等について告げられる。

第10話

先天性異常を持って生まれた我が子を受け入れられない母親。

サクラの出生の秘密。

 

コウノドリでは、普段知ることの出来ないリアルな産婦人科での様子が演じられています。また、妊婦だけで無く、その家族にも様々な決断が委ねられます。

妊娠は病気ではないと言うけれど、様々なリスクと隣り合わせということを前作を通して痛感しました。続編の期待も高まります!

スポンサーリンク

 

 

コウノドリ続編は?

コウノドリの続編は、前作と同じく主演のサクラ役は綾野剛さん。その他のメンバーも松岡茉優さん、吉田洋さん、坂口健太郎さん、星野源さん、大森南朋さん他・・・と、前作と同じキャストも出演します。

2年前はそれほど有名では無い(失礼?)星野源さんは今では超有名人で、主役級の超豪華キャストですね!

そして、

前作のテーマは「奇跡」

続編のテーマは「生まれる事、そして生きること」

ストーリーは2年後のペルソナ総合医療センター産婦人科でのお話です。

 

まとめ

子供が生まれる前は子供が欲しいと望み、生まれた後は子供は可愛いけれど、自分の時間もろくに取れず、子供に振り回される毎日に正直疲れてぐったりな自分がいました。

しかし、このドラマを見た後は、育児の疲れも吹き飛び、「無事に生まれてきてくれてありがとう!」という気持ちでいっぱいになりました。

妊娠出産は奇跡です!

世の中では、妊娠することは当たり前にできて、出産も無事にできる。そんな風に思っている人は多いと思います。子供を授かる前の私も同じでした。

しかし、私は子供を授かることも、妊娠を継続することも思うように行かず苦しんだ時期がありました。
思うように行かなかった妊娠出産の体験談はこちら→切迫早産の原因と症状は?20週から100日入院した体験談あり。 ,2人目出産体験談!2人目は妊娠から出産までも大変だった!

だから尚更、子供を授かって、無事に生まれてくることは本当に奇跡の塊だと、このドラマを見て改めて気づくことができました。

沢山の人に見てもらいたいドラマですが、特に、育児に疲れているママに私は見て欲しいと思います!

見たらきっと、我が子を抱きしめたくなると思いますよ・・・。

前作で沢山の感動を貰ったので、続編はどんな感動があるのか今からとても楽しみです!

*続きが気になる方は原作もお勧めです。

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村