切迫早産で入院。20週から100日間入院した体験談

この記事は6分で読めます

このページを見ている人は、医師から「切迫早産」と言われ、現在入院している人ではないでしょうか?

入院生活は辛いですよね。

退屈だし、入院中の御飯は自分が食べたいものも食べられないし・・。

私も2人目の時に切迫早産で入院しました。

しかもぴったり100日間!

20週から子供が生まれる34週3日まで病院で暮らしていました。

(出産後も合わせると106日!)

あなたがもし、今もう入院生活なんて限界!

長期入院で入院費用が心配・・・。

っと思って、このページを見ていたら、

私が体験した入院生活を乗り切るちょっとしたコツや、実際にかかった入院費についてご紹介します。

その前に切迫早産についてのことや、私が切迫早産になった時の症状入院中の点滴の量等も紹介するので、是非参考にして下さい^^

 

スポンサーリンク

 

切迫早産とは?

赤ちゃんが正常に生まれて良いのは妊娠37週~42週の間です。

この期間を正期産と言います。

しかし、妊娠22週から36週6日の間に赤ちゃんが生まれてしまった場合を早産と言います。

そして、この期間に赤ちゃんが早く生まれる事が迫っている事を切迫早産と言います。

 

 

切迫早産の原因は?

切迫早産になる原因はいくつかあります。

●妊娠高血圧症

●心臓病、腎臓病、糖尿病などの合併症がある場合

●子宮頸管無力症や子宮筋腫、子宮奇形などの子宮の異常

●絨毛羊膜炎などの感染症

●精神的なストレス

●長時間の立ち仕事にる疲労

●冷え

●睡眠不足

●体格的な物(小柄で華奢な人)

●双子以上の多児妊娠

●羊水過多、羊水減少

●胎児機能不全

私が実際に入院していたときも、多児妊娠、妊娠高血圧症等、色んな原因で入院している人がいました。

私の場合は、上の子のお世話で心身ともに疲れていたのと、元々の体格が小柄で華奢なので、助産師さんいわく切迫早産になりやすい体質のようです。

また、前に切迫早産を経験したことがある人は、次の子も切迫早産になりやすいようです。

参考元:htthttp://www.babys-room.net/1484.html 
    htthttps://192abc.com/15475

 

スポンサーリンク

 

切迫早産の兆候

では、切迫早産の兆候にはどのようなものがあるのでしょうか?自分で気づくことが出来きるのでしょうか?

●お腹が頻繁に張る。お腹の張りが強い

●破水

●出血

●子宮径間長が短い

●子宮口が開いている

この中の3つ私は経験しました。

お腹の張りは、横になって安静にしても張っている状態。歩いたら尚更貼る。

破水は1人目妊娠の35週の時に起きました。最初はおしっこが漏れたと思ったのですが、何やら止まらないので破水だと気づきました。

出血も1人目妊娠の35週の時に、少量の出血。慌てて病院へ連絡しました。

子宮径間長では、2人目妊娠中、お腹の張りが頻繁で緊急で外来へ行き、子宮径間長を診て貰ったところ妊娠20週で2.8cm。

本来ならこの週数では4cmくらいあるのが望ましいので、即入院となりました。

 

スポンサーリンク

 

切迫早産になってしまったら?

もし、何だかいつもと様子が違う!

そう思って病院へ行ってみたところ、切迫早産と診断された場合は、自宅安静又は入院しての安静になります。

自宅安静

とにかくできる限り家で安静にして無理をしないことです。

出来れば、家事等もやらないのがベストです。

しかし、手伝ってくれる人がいるかどうか、上に子供がいるか、仕事をしているかによっても、安静の基準が違ってきてしまうのが難しいところです。

それと同時に、お腹が張る場合はウテメリン等の張り留めの薬を処方される場合もあります。

入院安静

入院安静になってしまうと、赤ちゃんを産むまで退院出来ないことが多いです。

そして、点滴を打ち、トイレ、食事、シャワー以外は全てベッドで横になって安静を保ちます。

重症度によっては、シャワーも入れずぬれタオルでの清拭になります。

1ヵ月以上の長期入院になることも多いので、退屈と不安、点滴の差し替え、その他いろいろと我慢しなくてはいけないので心が押しつぶされそうになります。

とにかく忍耐が必要です。

 

切迫早産を予防するには?

できるなら、赤ちゃんの為にもママの為にも切迫早産を予防したいものですね。

中には予防できないこともありますが、ママが気をつけることで予防できることもあります。

●無理をしない

●体を冷やさない

●ストレスや疲れをためない

●重たい物を持たない

●妊婦健診を定期的に受ける

妊娠するにあたって基本的なことですが、仕事をしていたり、上に子供がいるママにとっては、これらのことは結構難しいです。

特に、上に小さい子供がいる場合は、抱っこやおんぶがまだ必要になってきて、子供に振り回される事が多いので、自然と無理をしがちです。

実際に私が入院している間も、切迫早産で妊娠している人は2人目妊娠中の方が多かったです。

 

切迫早産で入院!100日間の体験談

20wから切迫早産で100日入院

冒頭でも書きましたが、私は2人目妊娠中に20週2日から34週3日まで入院していました(産後も合わせると106日)。

入院中に日記をつけていたので、それを元に私の100日に及ぶ戦いの日々をご紹介します^^

 

2014年11月17日(月)20w2d
お腹の張りがすごいので緊急に外来へ行き、お腹の張りと子宮頸管長が2.8cmと短いことからそのまま緊急入院。

すぐに、ウテメリンという子宮の収縮を押さえる薬を点滴しました。
【治療】

点滴 ウテメリン1A 10ml /hr
安静

 

翌日張りが全く変わらず
 ウテメリン2A 15ml/hrに増量

 

3日後も張りは変わらず
  マグセント10ml/hr追加

このマグセントも子宮の収縮を抑制する薬で、ウテメリンよりも強く、ものすごく副作用のある薬です。
当初はだるさ血管痛頭痛、顔のほてり、のどの渇き・・・と何かと大変でした。

とにかく、だるさ、顔のほてり、のどの渇きはず~っと続いていました。

しかし、お腹の貼りは変わらず・・・。

そして、先生も頭を抱え、
「今生まれてきても助けられないから!とにかく安静に!」っと言われる始末。
(十分安静にしてるんですけど・・・・っと落ち込む・・・)

そう、22週以降は早産になるけれど、22週未満は流産の域で、仮に生まれてしまっても赤ちゃんは助かりません。

この間に、早産の原因ともなる細菌感染の検査もしたけれど、結果は陰性。

細菌感染してないにもかかわらず、おさまらないお腹の張りに、益々先生が頭を悩ませていました。

 

張りは若干落ちつくも、28週頃また頻繁に強い張りがおそってきて、ウテメリンの量が増加。
  ウテメリン2A 20ml/hrに変更
  (しかし張りはたいして変わらず)

とにかく薬は効いてるのか?と思うほど私のお腹は10分おきくらいに張っていました。

助産師さん曰く、小柄で華奢な人は特に張りやすいとのこと

 

点滴も30週入るころには血管がボロボロで1日もつか、もたないかになってしまいました。

失敗も合わせると3日で7回点滴の針の差し替えしました。

そして、31wに点滴の針を変えることになりました。

今度は、腕の採血する太い血管に、医師しか扱えないPIカテーテル入れ、そこからウテメリンやマグセントを入れることになりました。

PIカテーテルは、通常使う点滴の針とは違い、一週間おきのの差し替えも無く、漏れたり、腫れたり、痛くなったり等、何か異常が無い限り、数ヶ月刺しっぱなしで良いのです。

ただ、これは人によって、合う、合わないがあります。

見た目はものすごく痛々しいですが、私はこれで3週間持ち、点滴の差し替えのストレスからは解放されました。

 

32w4d
点滴を長くしていると赤ちゃんにも良くないのと、私の体がもう持たなかったので、
点滴を徐々に減らしていくことに

ウテメリン2A 20ml → 1A 20ml に減量

 

33w2d
ウテメリン終了

張り返しがきて、7分間隔で張るものの、翌朝にはおさまる。

 

33w5d
マグセント10ml→8mlに減量

 

34w3d
マグセント8ml→終了

次は6mlとか徐々に減らしていくのかと思ったら、

8mlでバツン!っと切られ内心びっくり!

先生や助産師さん曰く、8mlだと効いてるかわからない量との事。

朝の回診でマグセントを切り、長い長い点滴生活ともお別れしました。

 

しかし、点滴生活からおさらばして間もなく午後から張り返しがきました。

そして、翌朝少量の出血(おしるし?)があり、そのまま出産となりました。

★長い入院生活後の出産はこちら★

2人目出産体験談!2人目は妊娠から出産までも大変だった!

 

スポンサーリンク

 

入院中心配したこと

入院中はとにかく心配事でいっぱいです!

お腹が張るたびに、赤ちゃんが今生まれてきたらどうしよう・・・。

上の子はちゃんとお利口さんにしているかな?

等々、時間がある分、余計な事まで考えていました。

そして、手帳やカレンダーの日付を眺めては、正産期まで後何日と数え、過ぎていった日に線を引き、一日、一日、赤ちゃんが生まれてこなかったことに安堵しました。

 

長い入院生活を乗り切るコツ

長い入院生活は本当に大変です。

基本ベット上で寝たきり生活です。

動くのが許されるのは、部屋にあるトイレに行くこと食事をベット上ですることシャワーを浴びること(移動は車椅子)。

シャワーも入院して最初の2週間は浴びられず、ずっと清拭でした。

 

動けることが限られる上、話をするのは誰かが面会に来たときと、看護師さんと必要最低限話すくらいです。

会話が出来ないことがこんなに辛いこととは思いませんでした。

私は4人部屋だったので、看護師さんが頻繁にきて気が散るので、ラジオを聴きながら、手先を動かしていました。

本を読むことにも飽き、ゲームをする気にもならなく、編み物をひたすらしていました(もちろん寝ながら)。

もとから、手先を動かして何かを作る事が好きだったので、この作業は私には合っていました。

出来上がったときの達成感が、他にやることの無い私にとても満足感を与えてくれました。

私の場合は、この手先を動かす作業が結構気晴らしになりました^^

 

切迫早産の入院でかかった費用は?

入院中の治療費は限度額適用認定証を使用して、所得に応じて数万円でした(限度額定期用認定は所得に応じて支払い額が違ってきます)。

もし、健診で切迫早産気味、切迫早産と言われた時点で入院になる可能性もあるので、限度額適用認定証を申請しておいたほうが良いです。

そして、食費がその当時は一食260円かかりました。

2016年から一食360円に値上げされ、2018年からは460円に値上げされます。

 

部屋代は保険が効きません

これは病院によって異なりますが、個室だと数千円~数万かかります。

また、大部屋でも部屋代を請求する病院もあるようです。

 

私はずっと4人部屋で過ごしましたが、私の入院していた病院では大部屋は無料でした。

なので、、実質の支払いは限度額を使用した治療費+食事代で月に12万弱程でした。

そして、入院4ヵ月目からは限度額の支払いが約半額になるため、治療費(半額)+食事代なので、ぐっと安く済みました。

食事代は半額にはならないので、だいたい6~7万の間だったと思います。

 

 

個々に加入している医療保険は保障の対象になるの?

私は生協の医療保険に加入していて、切迫流産・切迫早産も保障の対象になりました。

保険に加入していたので、入院費用は全て保険で賄うことが出来ました。

同室の人は、女性特約も付けていて、その特約の中に切迫早産も含まれていたので+αで保険がもらえたそうです。

女性特約付きの保険に加入している人は一度確認してみて下さいね。

また、帝王切開はもちろんのこと、吸引分娩も保険が効くことが多いので、保険会社に問い合わせてみるのが確実ですよ。

 

 

切迫早産で入院のまとめ

切迫早産の入院生活は長くなればなるほど、辛くなってきます。

きっと、助産師さんや医師から耳にタコが出来るほど聞いているかもしれませんが、

 

必ずゴールがあるのです!

 

切迫早産は他の病気と違って、赤ちゃんを産めば終わります。

その後は育児戦争の始まりです!

入院生活は変えることができません。

もう嫌だからと言って、退院することはできません。

なら、今の現状であなたに合った乗り切る方法を考えましょう!

 

お腹の中の赤ちゃんを守れるのはあなたしかいません!

 

ゴールはあともうちょっと!

一日一日が長く感じるかもしれませんが、人生のうちの数週間~数か月です。

私が100日頑張れたのだから、あなたに出来ないことはありません!

元気な赤ちゃんに合える日を楽しみに、ストレスを余りためずに過ごしてくださいね。

その後は「退屈」って言葉はどこへ??っと思える、

時間に追われまくる「子育て」という激務が待ってますよ(笑)^^

 

★気になるその後の二人目出産はこちら★

2人目出産体験談!2人目は妊娠から出産までも大変だった!

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村