2人目が欲しい!でも、育児はやっぱり大変?楽しく乗り切る方法は?

この記事は5分で読めます

 

 

2人目が欲しい!でも育児は大変?

2人目が欲しい!でも、1人目が大変だったから2人育てられるかちょっと不安・・・。そう思っているママも少なからずいるのでは?

では、実際に2人目育児ってどうなの?やっぱり大変?歳の差は何歳差がお勧め?等、欲しいには欲しいけど、実際に2人目育児ってどうなの?っと思うところもあると思います。

今回は、専業主婦の私の経験を踏まえて2人目育児について、2人目妊娠中の生活出産後すぐの上の子の様子2人目育児は大変?2人目育児で注意したこと2人目の年齢差について2人目育児を楽しく乗り切るには?の6つに分けて、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

2人目妊娠中の生活

2人目が欲しいと思い、授かるまでスムーズにはいきませんでしたが、何とか2人目を妊娠することができ、妊娠生活がスタートしました。

妊娠初期(0~15週目まで)

私の場合は1人目よりもつわりが酷く、とにかく怠くて怠くて、冷蔵庫を開けたら臭いでせき込み吐く始末・・・。もう「寝てたい!」という言葉が頭の中でいっぱいでした。

妊娠初期は赤ちゃんの大事な部分が育っているので無理しない方が良い・・・なんていうけれど、そんなの無理無理!!上の子がいるので、そうも言ってはいられません!

当時息子は1歳9ヶ月。イヤイヤ期と、病院では多動気味と言われるほど落ち着きのない子でした。毎日外へ出ないと気が済まない性格。なので、息子と一緒に、いつ吐いても良いように、ビニール袋をバックに潜ませて外出。だるい体にムチ打って、毎日毎日、公園や子供プラザへ出かけていました。

そして、抱っこも良くせがまれ、抱っこもしていました。

妊娠中期(16週~27週目まで)

つわりも治まり、だるさもとれ、快適に外出ができるようになって、これからがハッピーマタニティー生活のスタートだ!と思い、上の子のお世話に勢を出していたら、お腹が貼る・・・。もの凄く嫌な予感。

1人目が早産だったので、19週目で上の子を連れて実家へ帰省。

帰省してからも、お腹の張りが尋常じゃなく、里帰り先の病院に緊急で診てもらうことに。そして、お腹の張りに加えて、子宮頸管が大分短いことから20wで緊急入院。

妊娠後期(28週以降)

病院で産むまで入院生活のため、実家の両親に上の子の面倒を見て貰っていました。とにかく落ち着きの無い子だったので、大変だったようです。

息子がお見舞いに来たときは少々照れながらも、嬉しそうにしていました。

そして、100日間入院していて分ったことですが、妊娠中から上の子の相手をしなくてはいけない為か、私が切迫早産で入院した病院は、2人目妊娠で入院しているママが多かったです。

 

2人目出産後すぐの上の子の様子

下の娘は34週と早く生まれてしまったため、約1ヵ月NICU(新生児集中治療室)に入院していました。私は産後の回復も良く、産後5日で退院。

そして、娘が生まれても、1ヵ月の間だけ息子はママを独占することができました。しかし、娘が家に戻ってきてからは、やはり様子が変わりました。

娘を抱っこしていたり、授乳中に、私を蹴ったり、下の子を叩いたりしていました。また、娘が気になるようで、娘がちょっと泣いたら誰よりも早く飛んでいっては、娘が寝ていたビスクル(ゆりかごのような物)をワッサワッサと強く揺らしていました。

そして、予想通り赤ちゃん返りも始まり、授乳中におっぱいを欲しがったり、抱っこやおんぶを沢山せがまれるようになりました。

 

2人目育児は大変?

里帰りから我が家へ戻り、本格的に2人目育児がスタート!2歳差なので、里帰りから帰った当初は息子も未就園児。なので、2人のお世話はやっぱり大変!娘がおとなしく寝てくれている内はまだ良いのですが、動き出すようになったら益々大変に!

何がそんなに大変なのかを、一つずつ順を追ってご紹介したいと思います。

縄張り争いが勃発!

とにかく、子供部屋に娘が一歩でも入ろうとすると、息子は「入ってこないでよ!ここは入っちゃ駄目!」と言って、縄張り争いが始まりました。

とは言っても、息子が一人で怒っていて、娘はわけがわからず叩かれたり、足を持って部屋から引きずり出されたりしていました。

お風呂が大変!

娘がまだ動けない時は、脱衣所で娘を寝せて、最初に息子の体を洗えたのですが、娘が動くようになってからは、私一人でチョロチョロ動く子供達をお風呂に入れています。

そして、息子を洗っている最中、娘は風呂場で石けんやお風呂掃除のブラシ等をいじったりしていました。また、頭を洗うときは二人して大泣き!風呂場で響き渡る大音量の鳴き声!!うるさすぎる・・・。

次に、お風呂を出て着替えさせるときは、二人なので時間がかかる・・・。特に冬場は寒いし、服を着せる枚数も多いので尚大変!

お風呂は私にとってリラックスする場所だったのに2人目ともなると、戦場と化しています。

ご飯を食べさせるのが大変!

2歳差だったので、息子の赤ちゃん返りも半端なく、「食べさせて~」と言うので、2人にご飯を食べさせていたので、自分のご飯を食べる時間がありません。

なので、もう作っている内に味見してご飯を済ませています。お椀にご飯をよそうのでは無く、自分は勿論、子供も食べやすいように、常におにぎりにして食べさせています。

2人とも好きな物、嫌いな物がバラバラなので、とにかく2人が食べてくれるメニューを考えるのが本当に大変です。

お出かけが大変!

小さい子2人連れての外出は荷物が多い!息子はオムツは外れていたので持っていかなかったのですが、汚したときの着替えや水筒等、1人の時よりも明らかにマザーズバッグはパンパンです。

特に、冬場のお出かけは、出かける前から大変で、出かける準備だけで20分くらいかかっていました。

何故?こんなにかかるのかというと、まず、持っていく物を準備して確認、息子をトイレに行かせ、娘にコートや靴下をはかせてベビーカーに乗せ、フットマフをしっかりして防寒対策。次に息子にコートを着せ、靴下、靴を履かせる・・・。

自分一人だったら、コート着て靴履いてサッとでれるのですが、子供の場合はじっとしてないので、着せたり、履かせたりするのも結構時間がかかりますね。二人なら尚更です。

2人のリズムが違うから大変!

とにかく2人のお昼寝のタイミングが違うので、何かと大変なんです!下の子がやっと寝たのに、上の子がうるさくして起こしたり・・・何てことは多々あります。そうすると、ママのイライラはMAX!家事も思うように進みません。

病気した時が大変!

決まって、上の子が風邪を引くと、下の子に移ります。そして、下の子の方が免疫力が弱いので、悪化・・・。

子供の機嫌も悪いし、看病も長引くし、とにかく大変です。

スポンサーリンク

 

2人目育児で注意したこと

2人目が生まれたら良く「上の子を優先した方が良い」と言います。私もなるべく上の子優先で育児をしようと心がけていました。

お出かけは、上の子優先に出かけたり、ご飯も上の子が食べたいものを作り、抱っこやおんぶも要求されればなるべくしていました。

しかし、実際に生活していると、難しい事が多いです。

特に、縄張り争いや、おもちゃの取り合いですは、どうしても「○○ちゃんも使いたいってよ!仲良く遊んでね!」と少々怒り気味で言ったり、上の子が下の子を叩いたりしたときは、上の子を捕まえては何度も何度も言い聞かせていました。

育児本では、上の子がいけないことをしたら、叱るのでは無く、その子の事を抱きしめると、いけないことをしなくなると書いてある本もあるようです。

しかし、実際に息子が下の子を叩いて、大泣きしていても、上の子を抱きしめて「いけないよ」と言ったこともありますが、うちの子には全く効果はありませんでした。

なので、いくら上の子を優先させた方が良いと言っても、悪いことをしても甘やかすのだけは良くないなと思いました。

いけないことや、して欲しくないこと頭ごなしに怒るのでは無く、きちんと目を見て、ママは真剣な顔できちんと伝えないといけないと思います。

仮に感情に任せて怒ってしまっても、後からギュッと抱きしめてあげると、子供にとっても、ママにとっても気持ちが楽になりますよ。

 

2人目の年齢差について

我が子は2歳差です。実際に年の差について考えたのは、2人目を生んだ後でした。

結論から言うと、2歳差は大変です!私は子育てする上で、3歳は差があった方が良いと思います。

一番の理由は、3歳になると幼稚園に入れられます。上の子が幼稚園に入ってから、日中、上の子がいないだけで兄妹げんかが無いため、家も静かで、下の子も伸び伸び遊べ、お昼寝も自分のペースでしていました。私も上の子が幼稚園に入ってからは、心身共にとても楽になりました。

また、3歳すぎるとお子さんにもよりますが、トイレトレーニングもほぼ終了し、歯磨きも大人しくさせてくれるようになり、身の回りのことも少しずつ自分で出来るようになります。この2歳と3歳の境目は大分違ってくると思います。

 

2人目育児を楽しく乗り切る方法!

1人でも2人でも、育児で大変なことをあげると本当にキリがないです!そこで私が、少しでも育児や家事を楽しく乗り切る方法はないかと考え付いたのが、とにかく歌うこと!

洗濯物や皿洗いをしている時、お風呂では子供と一緒に歌ったり、とにかく歌っています。歌うことには癒しの効果があるそうです。

育児中は、一人で外に出かけることも難しく、のんびり1人でお風呂に入るのも難しく、とにかくいつも子供がまとわりついています(笑)!

では、このストレスをどう発散したら良いの?と思うところですが、私は歌うことでストレスを発散しています!

歌わないで家事をしていると、何だか家事も苦痛でしょうがなく感じてしまいますが、私は歌うことで、楽しく家事ができています。

そして、戦場と化しているお風呂では、子供と一緒にアンパンマンを歌ったりしてイライラを半減させています(笑)!

歌うことは、お金もかからないので経済的でお勧めです♪

 

まとめ

生まれてからは、上の子がまだ小さい場合は、まだまだ手がかかるので、2人目育児は何かと大変です。

上の子の性格、下の子の性格、様々な要素があると思いますが、子供1人のときよりも、自分の時間は無くなり、イライラすることも多く、大変な事は確かです!

でも、現在4歳と2歳に成長した我が子達は、一緒に追いかけっこをして遊んだり、下の子が上の子のオモチャをグチャグチャにしても、足をひっぱて引きずることは無くなり、叩くことも少なくなりました。

また、上の子も下の子に対して物を分けてあげたりする事が出来るようになり、そんな光景を間近で見られるのも親としては嬉しいことです。

今はまだ大変な事は多いですが、私は2人目を生んで良かったなと思います。これからの2人の子供の成長がとても楽しみです♪

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




プロフィール

当ブログでは折り紙の折り方をはじめ、子育てママに役立つ情報を発信しています。
お気軽にお立ち寄りください^^
もっと詳しく見る

ブログランキングをみる

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッと応援お願い致します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村